テニスの王子様 SWEAT&TEARS2

〜プレイ日記〜


菊丸先輩vおまたへ!

〜菊丸ED〜

さて、今回は久々に青学に帰り、菊丸狙いでいってみよう♪
最近他校に通いっぱなしだったからなぁ。
よし、頑張るぞ!!
NEW GAMEのボイスは神尾。リズムを上げるぜ!

4/12。堀尾達と話していると、菊丸登場♪
あれくらいの練習でもうバテたのかと言われたので、「まだまだ余裕」と答えてみた。
「おっ、いいじゃん、いいじゃん!強気だね〜。」
その気になればまだまだいけると言う主人公。素敵v
「・・・気に入った!お前、最高!そう来なくっちゃ面白くないよ!」
菊丸に気に入られた!しかも、最高だって!!\(>▽<)/
その後、菊丸による先輩紹介。
「で、オレが、菊丸。菊丸英二だよん。」
「みんなはアクロバティックなプレイだって言うんだ。」
「身軽さと、目の良さには自信があるかな〜、うん。」

4/13。テニスクラブの選択。今回は菊丸狙いなので、希望が丘テニスクラブにしようっと。

4/20。菊丸に電話。練習に誘ってみるv
「・・・練習かぁ。うん、わかった。つきあってあげるよん。」・・・よっしゃ!
待ち合わせ場所に行くと、菊丸は既に来ていた!
「うぅ〜、ちょっと退屈だったぞぉ。次からは、もうちょっと早く来いよなぁ。」
あわわわ・・・。ごめんなさい・・・(;´д`)。
そして練習。どんなプレイヤーになりたいのか聞かれる。
「カウンターパンチャー」と答えてみた。
「大石と同じスタイルかぁ。じゃあ、ペアの相性もバッチリかもな!」
はい!!フォローは私に任せてください!

4/29。菊丸と練習。テニスで一番必要なものは何かと聞かれる。
それはもちろん「ラケット」・・・と答えたい気持ちを抑え、「反射神経」と答えてみた。
「にゃるほど〜。オレもそう思うよん。反射神経なら、自信あるしね。」

5/3。菊丸と練習。もし試合に負けたらどうするかと聞かれる。
先輩と二人で反省会v・・・と言う回答は無いのか・・・。
「次の試合に向けて練習あるのみ」と答えてみた。
「やっぱ、そーだよな!気持ち入れ替えて、次はバッチシ勝たないとな!」

5/4。ランキング戦。桜乃と対戦し、勝利。

5/11。菊丸に電話。呼び名があだ名に変わってた!\(>▽<)/
今日は出かける予定だからと断られる。許斐コーチと練習。

5/12。レギュラーに選ばれた。
レギュラー陣に、あまり気負うことはないと励まされる。
「そうそう!どうせ、地区大会くらいなら俺たちへのカッパ〜、なんだからさ。」
「少しヘマしたくらい、ちゃ〜んとフォローしてやっからさ!」
菊丸――――!!\(>▽<)/

5/18。許斐コーチと練習。

5/25。地区大会決勝。不動峰の橘兄妹と対戦。
こちらはもちろん菊丸とペアでv
緊張して右手と右足が同時に動いていると菊丸に指摘される。
足がもつれてこける主人公。
「う〜ん・・・困ったちゃんだなぁ。」
菊丸に呆れられた!!Σ( ̄ロ ̄lll)
「とにかく落ち着けって。オレがなんとかフォローするからさ。」
菊丸・・・(; ;)。

「オレが信じられない?」

そんな!!!頼りにしてますよ、先輩vv
そして試合。菊丸のネットプレイは素晴らしかった!!\(>▽<)/
見事勝利!
「こんなトコで負けちゃ、黄金ペアの英二くんの名がすたるって。」
「でもさ、こんなに気が合うなんてラッキーだったよな。」
主人公とのペアが面白いかもと言う菊丸。
これからもよろしくお願いします!(*^^*)

5/31。菊丸に一緒に帰ろうと誘われる♪
公園のコートにて、跡部と樺地に遭遇!
「・・・ありり?もしかして、跡部と樺地?」
「・・・青学の菊丸か。妙なところで会うもんだな。」
今自分たちが使っているから邪魔をするなと言う跡部。
「そう言われちゃってもさ。オレたちも秘密の特訓しに来たんだもんね〜。」
「いまさら特訓したところで氷帝に勝てるわけねぇだろ?わかったなら、さっさと帰れ。」
跡部!!(≧∇≦)(←どっちの味方だ!?)
「おやまあ、ワガママなお兄さんだねぇ。どうしよっか?」
菊丸――――!!!あの跡部をワガママ兄さんだって!!\(>▽<)/
「ぶっ飛ばしましょう。」と言ってみた(笑)。
「おいおい、試合前だぞぉ?」
おや、普通の反応だ・・・。ノッてくれるのかと思ったのに・・・( ̄□ ̄; )。
力じゃなくて、実力でだと言う主人公。何だ、そういう意味だったのか・・・。
「テニスで勝てると思ってるのか?この俺たちに。」
黄金ペアならともかく、今は主人公がパートナーだと言う跡部。
「そんなの、やってみなくちゃわからないじゃんか?」
というわけで、勝負する事に。樺地に任せ、コートに座り込む跡部。
「あやや・・・なめられちゃってる?」
これには菊丸もちょっとご機嫌ななめな様子。よし、やってやるぞ!!
そして勝利!
「思い知ったか!」と言う主人公。
「おおっ!?カッコイイっ、○○(主人公のあだ名)!」
菊丸のこのノリは好きだ――!!(≧∇≦)
でも、跡部が座ったままだったと言う菊丸。
勝ったのに、何だか悔しい・・・。菊丸のプライドもズタズタだって。
と、ここで乾登場。
「樺地に関しては面白いデータがとれた。」
何と、こっそりデータをとってたんだ!!しかも樺地の!!Σ( ̄ロ ̄lll)
新しい練習法「AF」を教えてもらった。

6/8。菊丸に電話。
「電話が来るんじゃないかって思ってたとこなんだぁ。」 おぉ!コメント変化vv
一緒に練習する事に♪
主人公にとってテニスとは何かと聞かれる。
「身体の一部になっちゃってます!」と答えてみた。菊丸も同じだってv
練習後、追加デートに誘われるvもちろん、OKです!
「サンキュッ!だから、お前って好きだぜ。」
何と、告白されちゃった!!(≧∇≦)
パーッと遊べるところに連れてってくれるらしい。
「今から行くトコは、ちょっち刺激強いかもにゃぁ。」
な、何ですと!?どこへ連れて行こうというのだ!!Σ( ̄ロ ̄lll)
着いたところはゲームセンター。・・・なーんだ(^_^;)。
よく来るのかと聞かれたので、「格ゲー、体感、なんでも来い」と言ってみた。
勝負する事に。
「俺の強さはハンパじゃないぞぉ。泣いちゃうぞぉ。」

ゲームぐらいで泣きません!!!Σ( ̄ロ ̄lll)

帰り、今日は楽しかったと言われる。
「なかなかの腕前だから、勝負するのには最高だよな、お前って!」
誉められた!ぜひ、また誘ってください!!\(>▽<)/

6/15。都大会決勝。山吹中の千石・吉川ペアと対戦。千石――――vvvv(≧∇≦)
「君たち、なかなか強そうだね。でも、俺たちはもっと強いよ。」
・・・彼らは本当に強かった・・・(^_^;)。
千石はダンクスマッシュや虎砲出してくるし、吉川さんはデータテニス連発だし・・・(涙)。
何回もロードして、やっと勝利!
喜ぶ主人公。
「オレたちの目標は、全国優勝っ!都大会制覇ぐらいではしゃぐなってーの!」
何!?菊丸らしからぬ発言!!Σ( ̄ロ ̄lll)
「な〜んちって、オレもメッチャうれしかったりするんだよねっ!」
なーんだ!菊丸も同じじゃないか!!(*^_^*)
「とんだクセ者だったな・・・。」と千石。いえいえ、あなたには泣かされましたよ・・・(^_^;)。

恒例の祝勝会。菊丸に声をかけられる。
「今日はさ、お前があんなに頑張ったから、乾杯したくってさ。」
菊丸――!!ありがとう!!(≧∇≦)
主人公ばかり活躍して、目立てなくなってしまうと言う菊丸。
油断していると、楽しみにとっていたタマゴを取られた!
代わりにガリをくれると言う。ひどい!!Σ( ̄ロ ̄lll)
仕返しにホタテを奪ってやった!やるな、主人公!!\(>▽<)/
そうこうしてたら、主人公、間違って不二のわさび寿司を食べちゃった!!Σ( ̄ロ ̄lll)
もうこんな子供じみたことはやめようと言う主人公。

「大人の質問タイムといきましょう、菊丸先輩。」

何!?大人の質問って!!!(≧∇≦)
ここはやはり、「女の子の趣味などを・・・。」と聞いてみるv
「ん〜、それは大人だなぁ・・・。」
究極の質問を選んでみたと言う主人公(笑)。
「う〜ん・・・えっと・・・にゅう〜。」
菊丸、本気で悩んでる??彼にはこの質問は難しすぎたのか!?

「責任感があって・・・真面目で・・・世話好きで・・・。」
「地味だって言われても黙々とオレのサポートしてくれるような子かなぁ・・・。」



それって、大石のことでは・・・!?Σ( ̄ロ ̄lll)


「ん?あははは、そっかも!」
ダブルスの相手として考えてしまうらしい。
テニスから切り離して考えてみるとどうかと聞いてみる。

「そんじゃ、明るくて、一緒にいると楽しい子ってことで。」

なるほど・・・参考になりました。
つまり、主人公は脈アリってことで・・・。(*^_^*)(←え?)

6/22。許斐コーチと練習。

6/28。菊丸に一緒に帰ろうと誘われる♪
今度のテスト自信がないと言う菊丸。って。もう明後日じゃないか!?Σ( ̄ロ ̄lll)
と、ここで雨が降り始めた!走り出す二人。
こけてドロドロになる主人公。ヒザもすりむいたらしい。とほほ〜。公園で雨宿りする事に。
くしゃみをする主人公。スカートもびっしょり濡れちゃったらしい。

「脱いじゃえば?」

菊丸!?何て事を!!!(*/∇\*)

「えっ!?そ、そそそんなことっ!?花も恥らう乙女に向かってっ。

「なに、言ってんの。これ、これ。」
とりあえずウェアに着替えろってことらしい。ああ、なーんだ。そういうことね。

・・・ここで?

このままだと風邪ひくからしょうがないと言う菊丸。
ここで三択。
ちょっと外に出てもらうか、後ろを向いてもらうか、着替えはやめるか・・・。
こんなおいしいシチュエーション、逃してたまるか!!(≧∇≦)
「後ろ向いててくださいよ。」と言っておく。
「お、おうさっ。」
菊丸、ちょっと照れてます!!
絶対こっちを向くなと念を押す主人公。
「バカものっ。オレは紳士だもんね。」
「そ、そうですよね。信じてますけど・・・。・・・ホントですよ?」
いいから早く着替えろと言う菊丸。
ここでCG登場!着替える主人公と、緊張して目を閉じてる菊丸!!!
キャー!!!ドキドキものです!!!(≧∇≦)
ちゃんと向こうを見ているかと確認する主人公。
「わ、わかってるって・・・。だから、その・・・パパパッとよろしくっ。」
そして着替え完了。菊丸に気づかい、素早く着替えたと言う主人公。
「いやいや、花も恥らう乙女の着替えシーンは見ちゃダメだもんね。」
「そーですよぉ。私の着替えを見たら高くつきますからねぇ。」
こうして考えてみると、主人公もやっぱり女の子だと実感すると言われた。
菊丸――――――!!!!(≧∇≦)
いつもは「おもろい女の子」なんだってさ。

「でも、そう考えると・・・もしかしてこれって、ドキドキのシチュエーション?

もしかしなくても、そうです!!!\(>▽<)/
そうこうしているうちに雨が上がった模様。外に出る二人。
「あ、あのさ、今日のコトはぁ、ふたりだけの秘密だかんな。」
菊丸―――――――!!もちろんです!!\(>▽<)/
主人公のすりむいたヒザのことを心配する菊丸。優しい(; ;)。
ダッシュさせたのは自分だから、責任を感じてるって。
ということで、家まで送ってもらっちゃったv
(菊丸先輩って・・・面白いだけじゃなくて、すごく優しいよね。)
このイベント初めて見たけど、かなりおいしいねvvv
菊丸限定なんだよね。他キャラでもあれば面白かったのになぁ・・・。

6/29。許斐コーチと練習。鉄人サーブをGET。

7/7。七夕祭り。菊丸を誘ってみる♪
「うん、行く、行くっ!オレ、願いごと、いっぱいあってさぁ。」
うわぁ!やっぱり反応がお子様!!!\(>▽<)/
待ち合わせ場所に行くと、菊丸は浴衣で来ていたvv喜ぶ主人公。
「浴衣・・・似合ってますよ。すっごくカワイイです。」
「それが、男への誉め言葉かぁ?フツーはカッコいイイとかシブイとかさぁ。」
ちょっと不満げな菊丸(笑)。
「だって、ほんとにカワイイですもん。うん、誘って良かった。」
喜んでもらえたなら良かったと言う菊丸。
・・・何だか、男女と先輩後輩が逆転してるような気がするよ(笑)。
人ごみの中、手をつないでいる姉弟発見。自分も昔はそうだったと言う菊丸。
祭りの時に迷子になったが、自分が迷子だと言う事に気付いてなかったんだって。
姉がすごい顔して捜し出してくれて、その後は手をしっかり握って話してくれなかったって。
美しき、姉弟愛・・・(ホロリ)。
ここで三択登場。
「シスコンの気があるんですか?」
誰だ!!こんな素敵な選択肢を用意したのは!?Σ( ̄ロ ̄lll)
ああ、選んでみたい・・・だけど、そうすると好感度が・・・!(←恐らく、著しく下降すると思われる。)

無難に「やんちゃだったんですね。」と言ってみる。
今も変わってないってことだと言う主人公(笑)。
「そ、そんなことないぞぉ?少しは大人になったかんな。」
元気なのは菊丸の印だからねぇ。いくらでも分けてくれるってv

ちなみに、ロードして「シスコンの気があるんですか?」と聞いてみました(笑)。
「ないない!絶対、そういうのはないって!」と否定する菊丸。
何故赤くなる!?Σ( ̄ロ ̄lll)
いや、てっきり怒られるかと思ってたんだけど・・・。
何だか余計に怪しいぞ!?(笑)


7/12。関東大会一回戦。氷帝の樺地・鳥取ペアと対戦。
途中、鳥取の怪我が悪化。氷帝棄権。
怪我で出るのも勇気がいるし、棄権するのも勇気がいると言う菊丸。
ショックを受けてる主人公に対し、そんな同情顔されたら相手も嫌になると言う。
明日は気持ちを入れ替えて頑張るぞ!

7/13。関東大会決勝。立海大付属と対戦。
へへへのカッパだと言うと、菊丸に台詞を取られたと言われちゃった♪
さあ、頑張るぞ!

そして勝利!興奮する主人公に対し、まだまだ元気じゃないかと言う菊丸。
どうやら菊丸は充電切れらしい・・・(^_^;)。
「このままここで、安らかに眠らせてほしいかも・・・。」
クールダウンに会場10周してから家に帰ってたっぷり寝ろと言う主人公。
「オニィ〜。」
そして祝勝会。
今日の試合、よく動けていたと菊丸に誉められたv
カラオケでデュエットをすることに。もちろん、お相手は菊丸を指名♪
「ほいほーい!張り切って歌っちゃうよーん!」
やはりノリがいいねぇ・・・(*^^*)。
CGでも主人公と見つめ合っていい感じですvvノリノリだし(笑)!!

7/20。菊丸に電話。練習に誘うと、海に誘われる。
「今日もきっとアチチのチだからさ、練習終わったら、海行かない?海っ!」
アチチのチって!!!Σ( ̄ロ ̄lll)
山育ちのため、海には行った事がないと喜ぶ主人公。

希少価値だぁ〜。天然記念物だぁ〜。博物館行きだぁ〜。」

菊丸にしては漢字をたくさん使った発言・・・(^_^;)。
「んじゃ、カナヅチブクブクとかだったりして?」
プールや川はあったと否定する主人公。

「な〜んだ。国宝級はまぬがれちゃったか。」

何!?Σ( ̄ロ ̄lll)
何はともあれ、練習の後海に行く事にv
待ち合わせ場所に行くと、菊丸は既に来ていた!
自分の方が先に来るべきなのにと慌てて謝る主人公。
「ん、なんで?まだ時間前じゃん。気にしなくていいって。」
菊丸――――――!!(≧∇≦)
そして練習。テニスのために気をつかっていることはあるかと聞かれる。
「動体視力を鍛えてます!」と答えてみた。(←どうやって?)
それは正解だと言われたv
練習後、海へ!!
水着姿の菊丸登場!!!(≧∇≦)

「その水着、かわゆいじゃん。」

何と!主人公の水着姿を誉めてくれたよ!!\(>▽<)/
今までいろんな人と海に来たけど、水着を誉めてくれたのは貴方が初めてですvv
「似合ってる、似合ってる。元気いっぱい、すっごくいいよ。」
そこまで言われると、かなり照れちゃうよ(*^^*)。
そして感動の海へ!水がしょっぱいと感動する主人公。
「んじゃ、もーっと感動してもらおっかな。」
え?何をなさるおつもりで・・・??
ゴムボートを借りてくると言う菊丸。
「わぁっ、いいですね!」と素直に喜んでみた♪
「今日は海、初体験くんにサービス、サービスッ!」
そしてCG登場。地震だと言ってゴムボードを揺らす菊丸。
いたずらっ子の表情の菊丸がカワイイ・・・(*^_^*)。
子供じみた真似はやめてくださいと言う主人公。どっちが先輩なのやら・・・(^_^;)。
「きっくまるウェーブ!!」
そして暗転(笑)。
溺れるかと思ったと怒る主人公。
「・・・え?ご、ごめん!オレ、つい調子に乗っちって。」
主人公、泣き出しちゃった!!Σ( ̄ロ ̄lll)
「あ、あのさ、泣くなよぉ〜。泣かれちゃうと・・・。」
泣かれると・・・何?非常に気になります(笑)。

「あ、そうだ!おわびにカキ氷おごっちゃうからさっ!」
「はい、それで手を打ちます。!」


主人公、即答!!!どうやら嘘泣きだったらしい。こちらの方が一枚上手だね(笑)。

7/21。許斐コーチと練習。

7/28。菊丸に電話。
「よくかけてくれたなぁ。オレ、うれしいよ。」 コメント変化!私も嬉しいよv
練習に誘ってみる♪
「オッケー、オッケー!退屈してたとこだから、喜んで相手しちゃうよーん。」
待ち合わせ場所に遅れてくる菊丸。
「メンゴ!遅れちった。」
ありゃ?「おまたへ」じゃないのか!ちょっと残念・・・(笑)。
「たっぷり練習つきあうから、許してちょ!」
そして練習。「菊丸ビーム」を教えてくれと言う主人公。
自分にあった、自分だけの必殺技を編み出せと言われる。
特訓開始!そして完成!名づけてもらうことにv
「ん〜、そうだな〜。だったら、○○(主人公の苗字)アロー、なんてどう?」
「うわっ、それってカッコイイですねぇっ!」
・・・そうか?ちょっと恥ずかしいぞ!?(^_^;)
その夜、朋香から電話。そういや一回も電話してない・・・。
菊丸とは、「超アクロバティックペア」らしい。

8/9。花火大会。菊丸を誘ってみる♪
「行く、行くっ!行っちゃうよん!」
やる気満々な菊丸(笑)。やっぱり、こういうイベント好きそうだもんね。
待ち合わせ場所に行くと、やはり浴衣で登場の菊丸v
今度は「カッコイイですよ。」と言う主人公(笑)。
そして花火。興奮する二人。
菊丸の精神レベルに合わせて、「内臓ズンドコですよぉっ!」と言ってみた(笑)。
「ズンドコ・・・?」
体の中にズンズン響くと言う主人公。同意して笑う菊丸。
「でっかい連発きたら、興奮度マックスで、ズンドコズンズンかぁ!」
面白いヤツだと笑われた。アナタほどではありませんよv
花火が終わったので帰ろうとする主人公。
「あ、おいっ!」
はい、何でしょう?

「送ってくよん。」
「夜道、ひとりで帰らせんの、良くないかんね。」


菊丸!!!子供だと思ってたけど、意外とわかってるじゃないか!!(≧∇≦)
鍛えてあるから大丈夫だと言う主人公。

「そーゆー問題じゃないの。男として、やっぱり、さ。

菊丸――――――!!!!!(≧∇≦)
この言葉にはかなり萌えました!!!菊丸、素敵――――!!!

8/10。菊丸と練習。
「試合中とかでさ、ゾクゾクッてする時ない?」
しょっちゅうです!!!(≧∇≦)
・・・という選択肢はなかったので、「強い相手と戦ってる時」と答える。
菊丸も一緒らしい。コートの中でのあの緊張感がゾクゾクするって。
練習後、追加デート♪CDショップに行く事に。
CDショップにて、欲しかったCDを買ったらしい。
主人公は何を視聴していたのかと聞かれた。
無難に、「今週の売り上げベスト3」と答えてみる。
菊丸はとっくにチェック済らしい。なるほど、流行には敏感そうだしね。

8/11。合宿開始!

8/12。夜、散歩に出ると菊丸に会う。木の上に登る二人。
全国大会が終わった後の事を考えると言う菊丸。
今は全国大会のことを考えるだけだと言ってみる。
終わった時の事は、終わった時に考えればいいと言う主人公。
「明日は明日の風が吹く・・・ってヤツです!」
単純だと言われた。あの菊丸に・・・!!Σ( ̄ロ ̄lll)
「なんかお前と話してると、気持ち、軽くなるな。」
菊丸先輩でも、あんなふうにいろいろ悩んだりしてるんだ。・・・ちょっと意外だったかも。)

8/13。料理当番。菊丸がやって来てつまみ食いを!
「すっごくおいしいじゃん!お前って、料理の才能あったんだなぁ。」
「楽しみにしてるから、早く準備を済ませてくれよー。」
誉められた!このために料理パラメーター上げてたんだもんねvv

8/14。朝、菊丸に会う。寝癖を笑われた!Σ( ̄ロ ̄lll)
悩みのタネなんだと言ってみる。菊丸も毎朝寝癖直しに悪戦苦闘しているらしい。
「お前さ、パパパのパでできる方法、発見したら、教えてちょっ!」
そんなのあったら、私も知りたい・・・(^_^;)。

8/16。菊丸に声をかけられる。

「あのさ・・・オレと一緒に、全国で戦わない?」

全国大会でペアになって欲しいって!!(≧∇≦)
ぜひお願いしますと喜ぶ主人公♪
だけど、1つ気になる事が・・・・。
「あの・・・大石先輩との黄金ペアは?」
何と、大石にも相談して賛成してもらったのだと言う!
大石とはまた違う新しいゴールデンペアになりそうだって。
さすが大石・・・。「英二取られた!」なんて言わないんだ。心が広いねぇ・・・。

8/24。菊丸と練習。青学の練習メニューはつらいかと聞かれる。
「あれくらい当たり前じゃないですか?」と余裕で答えてみる(笑)。
「ん、さっすがじゃん!んじゃ、もっとハードでもオッケーってこと?」
いや、それはちょっと・・・(^_^;)。好印象だったから良いけどね♪

8/30。全国大会前日。夜、眠れなくてイライラする主人公。菊丸から電話。
「ありゃ?ご機嫌ナナメさんかなぁ?」
本当に機嫌の悪い時にそんなこと言われたら、キレちゃうよ!?(^_^;)
眠れなくてイライラしていたと言うと、もう布団に入っていたのかと驚かれる。
「まだ8時過ぎたばっかだぞぉ?それは早すぎだって!」
「いまどき、お子ちゃまだってこんな時間に寝てるヤツいないぞ?」
お子様に「お子ちゃま」と言われた!!Σ( ̄ロ ̄lll)
小学生の遠足前夜みたいだと言われる。
だけど、電話かけてきたってことは、菊丸だって興奮しているのでは突っ込む主人公。
「にゃはは・・・。バレバレ?」
ものはついでということで、付き合ってくれと言われる。公園のコートで待ち合わせ。
公園にて、無事に来れたじゃないかと言う菊丸。
「お前って、8時には寝ちゃうお子ちゃまだから、ちょっち、心配でさ。」
いつもは起きていると言う主人公。
菊丸の方こそ、緊張して電話してきたんじゃないかと反論してみる。
実は、菊丸は7時には布団に潜っていたらしい。
「うわっ!似た者同士ですね。」
姉に居間から追い出されて仕方なくだから、主人公とは違うと言う菊丸。
あっちこっちをウロウロしているのがウザいからと追い出されたらしい(笑)。
自分たち3年にとっては明日が最後の試合。悔いは残したくないと言う。
「私が頑張っちゃいます。」と言ってみた。
限界が過ぎても動き回って、菊丸をフォローすると。
「へえ。言うようになったじゃん、お前。」
今まで菊丸と一緒にテニスをしてきたから、根性も忍耐も、実力もついていたと言う主人公。
明日のためにコートで調整することに。
これでぐっすり眠れると言う二人。菊丸に目覚し3つはかけておけと言われた!
そんなにも必要ないよ!Σ( ̄ロ ̄lll)

「にゃはは。じゃあ、大事なパートナーを家まで送ろっかな。

菊丸――――!!!(≧∇≦)
「なんてったって、ホントは8時に寝ちゃうお子ちゃまだしさ。」
し、しつこい・・・!!Σ( ̄ロ ̄lll)

8/31。全国大会。決勝は不動峰の橘兄妹ペア。
菊丸に、肩の力を抜いて、自信を持てと言われる。
昨夜も調整したのだから大丈夫ですよね、と言う主人公。
「・・・そ、そうそうっ!」
・・・あれ?もしかして、菊丸も緊張してるとか??
「にゃ、にゃはは・・・。」と乾いた笑い!!菊丸!!
菊丸最後の公式試合、花を咲かせようと張り切る主人公。よし、行くぞ!!
そして勝利!すごく楽しかったと喜ぶ菊丸。ありがとう!私もだよ!!\(>▽<)/
と、ここで橘の一言。
「俺の中学最後の全国・・・。敗れはしたが、悔いはない。・・・実にいい試合だった。」
橘・・・(; ;)。
恒例の祝勝会。菊丸に声をかけられるv
「オレさ、決勝の試合で、お前のすごさみたいなもん、実感しちった!」
そう言ってくれると嬉しいよvv
時間が過ぎるのが早いと言う菊丸。
「あーんなにド素人だったのに、ポーンとレギュラーに抜擢されてさぁ。」
「努力の人に見えませんか?」と聞いてみる。

「にゃはは、ホラ、お前ってさ、イロモノ系だし、トンチンカンなとこあるし。」

!!!Σ( ̄ロ ̄lll)
「先輩と同類ですからねぇ。」と返す主人公。わ!大人だ!!\(>▽<)/
「そーそー」「・・・って、オレたちって、やっぱし同類だったの?」
同類がダメなら仲良しさんということで、と言う主人公。

「それなら、アリかな〜。いろいろやったもんな〜。

何を!?Σ( ̄ロ ̄lll)

合宿でつまみ食いしたこととからしい。・・・なーんだ・・・( ̄д ̄)。
「意外にうまかったんで驚いたぴょ〜ん。」
「ぴょ〜ん」って!!!(笑)
「うん!オレたちって仲良しさんだよな!」
ふいに、真顔で、自分たちはこれで引退だから、これからは主人公たちで青学テニス部を盛り上げると言う菊丸。

「もっともっと・・・強くなれよな?」

それで祝勝会はかわむらすしでやれと。どさくさに紛れて乱入するつもりらしい!?
こちらとしては大歓迎だけどねv

9/1。新部長は桃城に決定。

9/14。リョーマと練習。

9/21。菊丸と練習。あの菊丸が、待ち合わせ場所に先に来ていたよ!!
「平気だよんっ!オレが早く来すぎただけだって。」 菊丸vv
もし試合中にパートナーがケガをしたらどうするかと聞かれた。
自分1人で戦うか、棄権するか、パートナーの気持ちを聞くかの三択。
不二なら棄権を選ぶんだろうけどねぇ・・・。
パートナーの気持ちを聞いてみると答えてみた。
「やっぱ、パートナーなんだし、それが当然だよなぁ。」
菊丸的にはコレが正解だったらしい。

練習後、再来週台湾に修学旅行に行くことを聞く。
「おおっ、台湾なんて・・・すっご〜い!」と驚いてみた。
みんなで海外旅行だと嬉しそうに言う菊丸。
「きっと料理とかさぁ、すっげぇうまいんだろうなぁ〜。」
うわ!いいなぁ・・・。自分も食べてみたいと言う主人公。
「おっ、んじゃ、ちゃ〜んとお前の分も食べてきてやるからな!」
って!!菊丸が食べても主人公は何にもならないじゃないか!!Σ( ̄ロ ̄lll)
お土産を買って来るから楽しみにしててくれと言われたv
「ちゃーんとオレが吟味して、いいモノ買って来てやるからな!」
わーい!楽しみ――――!!\(>▽<)/

9/23。リョーマと練習。

10/6。菊丸が主人公の教室にやって来た!

「どうしたんですか?1年生の教室なんかに・・・。あ、もしかして、落第っ!?

落第って!!!菊丸ならあり得る!?(笑)
「あ〜、そういうこと言っちゃう?だったら、もういいもんね。せっかくお土産持ってきたのに。」
お土産という言葉を聞いて、コロっと態度を変える主人公(笑)。お土産GET!\(>▽<)/
修学旅行はメチャメチャ楽しかったらしい。
このお土産も、菊丸がじっくりと時間をかけて選んだものだから大切にしろって。
もちろんです!家宝にします!!(≧∇≦)
・・・で、一体何をもらったんだ!?わからなかったぞ!?Σ( ̄ロ ̄lll)

10/12。新人戦。リョーマと組むよ。不動峰の神尾・杏ペアと対戦。勝利!
試合後、菊丸がやって来た!
「試合、見てたよ〜ん。かなりいいゲーム運びができてたじゃんか。」
菊丸と比べたらまだまだだと言う主人公。
しかし、菊丸に自分と比べたらもうダメだと言われる。
菊丸はもう部活を引退した身だから・・・(; ;)。
「つまりさ、お前はお前のスタイルを作り上げなきゃダメだよ〜んって、話。」
自分自身のオリジナルな強さを持てと言う。
菊丸・・・何だか先輩らしいぞ!?(←れっきとした先輩です)
これからも頑張れと言い残し、去って行った。
え〜!一緒にかわむらすしに行くんじゃなかったの!?Σ( ̄ロ ̄lll)

10/13。リョーマと練習。

10/14。お弁当が余ったので菊丸にあげることにv
「サンキュッ!んじゃ、もらっちゃおっかな。」
早速開けてみる菊丸。早っ!
「おっ、うまそうだなぁ。んじゃ、遠慮なくもらっちゃうよん。」
喜んでくれたみたい♪だけど、菊丸、自分の弁当はどうしたんだろう・・・?

10/18。Jr選抜に選ばれた!

10/19。菊丸と練習。
待ち合わせ場所に行くと、今日は張り切っていると言われる。
Jr選抜に選ばれた事を知っているらしい。
スミレが無理矢理混ぜてくれたようなものだと言うと、これからぐーんと実力をつけろって。
よし、頑張るぞ!!
もしスランプになったら、どうやって抜け出すかと聞かれた。
「気分転換する」と答えてみる。
「うんうん。そういうときの気分転換って、大事だよな。」
菊丸は気分屋だからね〜(^_^;)。
帰り際、菊丸に「ホントは練習だけじゃなくて、試合も出たいですよね?」と言ってみる。
「う〜ん・・・突然セツナクなるようなこと言わないで欲しいにゃ。」
高校生になるまでは、本格的なテニスは我慢するらしい。
でも、菊丸が練習でしかテニスをしないのはもったいないと言う主人公。

「単刀直入に言います!」
「菊丸先輩!先輩もJr選抜に出場してください!」


言っちゃった!(*^^*)
無茶を言うなと菊丸。
「オレだって一応、受験生なんだからさぁ。オレ、そんなに器用じゃないって。」

「器用ですよ!ラケットくるりんだって、大得意じゃないですかっ!

主人公!!意味が違う!!(≧∇≦)
菊丸にも、それとこれとは全然別の話だと突っ込まれた!
「同じです!私は、先輩なら絶対大丈夫だって思います!」
「う〜ん、そうかぁ・・・。良し、わかった!」
え・・・?
「Jr選抜の話、引き受けてみるよ。お前がそこまで言うのならね!
菊丸!!この主人公の説得力のない言葉に納得しちゃったよ!さすが単純!(≧∇≦)
本当は試合をしたくてウズウズしていたらしい。
でも、大石や不二の手前、「オレは出るぞ〜」と言えなかったと。(いえ、あなたは充分言えるキャラです)
「誰かが誘ってくれるの、ちょっぴりだけ期待しちゃったりして・・・。」
どうりであっさりOKが出るはずだ・・・。(^_^;)
とにかく、これからもヨロシクvvv

その晩、橘から電話が!橘!?1回誕生日に電話しただけなのに、何故!?Σ( ̄ロ ̄lll)
しかも、乾が青酢を完成させた時の実験台に、私は貴方を指名して、恨まれていると思ったのですが!?
「元気そうだな。やはりあのことが元気の素になっているようだな。」
何と、主人公がJr選抜に選ばれたことを知っているらしい!
「電話で申し訳ないが、ひとことお前におめでとうと言いたくてな。」

「これも橘さんが練習につきあってくれたおかげです!」

待って!!1度も一緒に練習したことないよ!?Σ( ̄ロ ̄lll)


「俺は見ていただけだ。」

何と!!こっそり見られていたのか!?橘!!やはり青酢の恨みが・・・!!Σ( ̄ロ ̄lll)

「○○(主人公の名前)、お前は強くなった。」
!!!!いきなり呼び捨てですか!?(≧∇≦)
これからは選抜メンバーとしてより高いレベルのプレイが求められると言う。
「俺もできる限りサポートしてやる。なにかあったら、遠慮なく来い。」
橘も選抜メンバーに選ばれているらしい。
これまではライバルだったけど、これからは選抜の仲間だと。
「よろしく頼む、○○(主人公の名前)。」

・・・うわぁ!これ、橘狙いの時なら萌えてたんだろうけどね・・・。
ずっと放ったらかしにしてた相手にいきなり言われたらびっくりしちゃうよ!(笑)

10/26。手塚の旅立ち。

11/3。リョーマと練習。変則ドライブをGET。

11/9。学園祭。菊丸に声をかけられる。
主人公の出し物を楽しみにしているらしい。頑張れと励まされるv
「オレにとって、中学最後の学園祭だもんに。楽しませてくりっ、な?」
そんなこと言われちゃ、黙っておれませぬ!全力投球で頑張るぞ!
出し物は、リョーマと劇。おしりが・・・(^_^;)。
帰り、校門で菊丸に会う。
「ごくろうさんっ!」
「う・・・。」
「コラコラ、逃げるなって!」
「だ、だって・・・。」

「あっ、見てないぞ!オレは全然、見てないかんな。ホントにホントでっ。」

「はかまビリビリで大立ち回りなんて、これっぽっちも見てないかんねっ。」

「そ、それ以上は口にしないでください・・・。」

「なはは・・・ゴメン。でもさ、芝居はめっちゃ楽しかったよん!」
「迫真の演技でさっ。こう、おチビの脳天をパシーンっと。」
「んでもって、崩れ落ちるセット!あれ、迫力あったなぁ〜。」
「うん!お前、女優とか向いてるかもね!コメディ系とか。
「ううっ・・・ありがとうございます。」
こうして学園祭は終了。
(大失敗だったけど、先輩が喜んでくれたから・・・ま、いっか。)
・・・ありゃりゃ?意外と普通だったよ。もっと面白いのを期待してたのに・・・( ̄□ ̄;)。
主人公、菊丸には甘いのかな??

11/16。菊丸と練習。帰り、追加デート♪ファミレスに行く事に。
オムレツを注文してみた。
「にゃははっ!ピッタンコ賞っ!」
菊丸も同じものを頼むつもりだったらしい。二人で仲良くオムレツvv
ここでCG登場!ふわふわオムレツに喜ぶ菊丸。可愛いぞ!!(≧∇≦)
オムレツにケチャップで絵を描いて遊ばなかったかと言う菊丸。
テニスボールを描いてたんだって。
「テニスボールって・・・。ケチャップで書くと、野球のボールと変わりませんよねぇ。」
それならラケットにすれば良かったと言う菊丸。
「バトミントンと間違えたりして・・・。」
「お前、ちょっち意地悪いぞぉ〜。」
主人公!!菊丸で遊んでます!!\(>▽<)/
菊丸が、それなら、ラケットとボールをセットにすればいいと言い出した。
「これで完璧、だろ?」
「だろ?」って・・・いつ書くんですか!?Σ( ̄ロ ̄lll)(さすがにこの年で書くのもちょっと・・・)

11/28。菊丸の誕生日。もちろん、お祝いするよ♪おめでとうと言いに3年の教室へ。
「え?そんなことで、わざわざ来てくれたん?」
菊丸の生まれた大切な記念日じゃないか!!(≧∇≦)

「サンキュ!これでまたひとつ、大人の階段登っちった。」

大人の階段って!!!(笑)
プレゼントに「着ぐるみパジャマ」を渡してみる。

「それで、あの・・・良かったら、これ、もらってください。」

返品されても非常に困るので、何としてでも受け取ってもらわねば!!
「おおっ!?ネコの着ぐるみパジャマ!?
「すげーじゃん!こんなのが来るなんてびっくりしたっ!」
そんなに喜ばれるとは!!こちらの方こそ驚きだ!!\(>▽<)/
店で見かけ、菊丸に似合いそうだと思ってつい買っちゃったと言う主人公。
「でも、こんなのもらっちゃっていいのかなぁ。」と菊丸。
こちらの方こそ、こんなのあげちゃっていいのかなぁ・・・。(いえ、選んだのは自分ですが・・・。)

「オレ、すっごく気に入ったよ。このプレゼント。」
「マジで感謝感激っ!ありがとさんだよ。」

いつかそれを着た姿を披露してください。

12/20。菊丸に一緒に帰ろうと誘われる♪
何だか早足な二人。
「おコタとミカンが恋しくて・・・。」
「私も、カルピン湯たんぽが恋しい・・・。」
カルピン!!湯たんぽになってるんだ!!(笑)
スキー教室のことを聞かされた。う〜ん。どうしよっかな〜。( ̄〜 ̄;)
菊丸いないしなぁ・・・。多分、このままだとリョーマとのイベントだよね。
浮気しちゃうのもアレなので、おとなしく不参加に決定!
「え?もったいないなぁ。なんでなんで?」

貴方がいないからです!!

代わりに自分が行ってやりたいと言われちゃった。

12/21。菊丸と練習。
部活の練習メニューからAFが消えちゃったんで、AFは菊丸との練習でしか上がらないんだよね(^_^;)。
実際試合中ではAF使ってないから、何の役に立つのかイマイチ不明だけど。
とりあえず、菊丸のベストパートナーとしては上げておかないと!
その晩、桃城から電話。クリスマスパーティーのお誘い。
わぁ!青学サイドに誘われるのは久しぶりだ!\(>▽<)/
菊丸の手に渡るであろうプレゼントは「天使の形のアロマキャンドル」にしてみた♪

12/24。青学メンバーでクリスマスパーティー♪菊丸の隣をGET!
選抜の練習を頑張っているかと聞かれる。
絶好調だと答えると、その調子で頑張ってくれと言われたv
プレゼント交換では、英語の本をGET。
・・・手塚だ。読めないよ、こんなの!!
(これって手塚先輩だよね。うん、いい感じ!これで良かったかも。)
って、主人公!!本気ですか!?Σ( ̄ロ ̄lll)

そして帰り、菊丸に声をかけられる。
「お前、こっちに出て来て、初めてのクリスマスじゃん?」
「だからさ、見せてあげたいんだよねぇ・・・アレをさ。」
というわけで、公園に連れて行かれるv
花火が!!\(>▽<)/
「なっ、すっごいだろ?クリスマス・イブ恒例の花火は見逃しちゃダメダメってね。」
「お前、知らなかっただろ?だから見せたかったんだよな〜。」
菊丸――――――!!!(≧∇≦)
喜ぶ主人公。特大クリスマスケーキのプレゼントって感じらしい。
あんなにでっかいケーキなら、お菓子の家もいっぱい載りそうだと言う菊丸。
小さい頃、ケーキの上に載っているお菓子の家を食べたくてつまみ食いしてたらしい。
でもそれではバレちゃうのでは??
「だから、お菓子の家の代わりに、冷蔵庫にあったプチトマト載せてごまかしてさ。」
プチトマトはないでしょう!!(≧∇≦)
やはりバレて、大目玉だったって。

「子供の浅知恵ですねぇ。」

菊丸は、あの頃はナイスアイデアだと思ったらしいが・・・(^_^;)。
今度、たくさんお菓子の家が載ったケーキをプレゼントしようかと言う主人公。
「ホント?お前が焼いてくれんの?」
驚く主人公。どうやら買ってあげるつもりだったらしい。
「な〜んだ」とがっかりする菊丸。

「・・・お前が作ったケーキ、食べて見たかったのになぁ。」

菊丸――――!!!(≧∇≦)
「え?ごめんなさい。花火の音で良く聞こえません!」
何ですと!?Σ( ̄ロ ̄lll)
「にゃははっ!な〜んでもないっ!」
相変わらず肝心なコトは聞こえていない鈍感主人公でした・・・(^_^;)。
雪が降ってきた。寒くなってきたらそろそろ帰る事に。
「んじゃ、送ってくよ。行こう。」
「はい!」
(・・・うん、今度、ケーキ作りの本、買ってみようっと。)
主人公、健気でカワイイ――――!!!(≧∇≦)
そうだよ、いつまでも目玉焼きを作っている場合じゃないよ!!
それにしても、送りイベントとしては、今までで一番自然であっさりした感じかな。

1/1。お正月。菊丸から電話。
「あっけおめ〜、○○!(主人公のあだ名)」
わ!新年早々、テンション高いよ!(笑)
「ねっ、ねっ、いまからさ、初詣行かない?」
1時間後に鳥居の前に集合することに。わーい!菊丸とデートだvv

「・・・ん?鳥居って・・・どこ?」

主人公!!!!Σ( ̄ロ ̄lll)
と、ここでタイミングよく菊丸からの電話が。
「あ、確認、確認っ!お前、場所知ってたっけ?」
菊丸――――!!!実はわかりません!!(T T)
ここに来て初めての初詣だからなぁと笑う菊丸。

「じゃあさ、オレ、30分くらいあとに迎えにいくからさ。」

お迎えが――――!!!新年早々ついてるぞ!!!(≧∇≦)
「あ、そうだ。おチビちゃんにも声かけといてよ。んじゃね!」
・・・リョーマの事忘れてた・・・!!( ̄Д ̄;)

そして初詣。すごい人出だ。やはりリョーマは来なかったらしい。
「おチビちゃん、こういうの苦手っぽいもんなぁ。」
主人公はリョーマに、初詣の代理を頼まれたらしい。願い事も、主人公が考えろって・・・。
メチャクチャだ・・・。「身長伸びますように」とでも言っといてあげようかな(笑)。
「オレたちはちゃーんと、お願いしちゃおうな!」
はい、もちろんですvv
お参りをする二人。願い事を念じ終え、ふらつく主人公。
「もしかして、人ごみに酔っちゃった?オンブしてやろっか?
オンブ――――!!!ぜひやって欲しいです!!(≧∇≦)
でもあっさり断っちゃったよ・・・。もったいない!!(> <)
菊丸に合格祈願でもしたのかと聞いてみる。

「あっ!?そ、そうだ、忘れてた!オレって、受験生じゃん!」

忘れるな――――!!!Σ( ̄ロ ̄lll)

何のために月1回しか一緒に練習できないと思っているんだ!!
お馬鹿な菊丸のために、もう1回お参りすることに・・・(笑)。

家に帰ると年賀状が来ていた。
菊丸からのは・・・。
(あはは、年賀状までヤンチャだ。ゴチャゴチャ書いてあって、なにがなんだかわかんないや。)
他には不二、桃城、手塚、海堂、大石、乾、タカさん、橘から来てた。モテモテv

1/4。ランキング戦後、3年の追い出し会。菊丸と対戦することに!
「なになに?オレと当たっちゃったの?」
はい!よろしくお願いしますvv
「オッケー!今日は日頃のウップン晴らしちゃうもんね。」
「ウップン?私、先輩に何かしました・・・?」
主人公!!知らない間に何したんだ――!?Σ( ̄ロ ̄lll)
どうやらテニスが出来ないウップンらしい。な〜んだ(^_^;)。
何と、菊丸・不二のドリームペアとの対戦だ!!おいしすぎ――――vv(≧∇≦)
そして見事勝利!
「お前、すんごい上手くなったなぁ。びっくりだよ、オレ。」
今年も絶対全国制覇しろと言われた♪

1/14。桜乃の誕生日。しまった!!お金がない!!Σ( ̄ロ ̄lll)
あわわ、友情に厚いと誉められるイベントがパーだ・・・(;´д`)。

1/18。菊丸と練習。

2/14。バレンタインデー!もちろん、菊丸にあげますvv
校門にて待ち伏せする主人公。何か初々しいぞ!(≧∇≦)
「お待たへ!」
キャー!!!菊丸登場!!\(>▽<)/
担任と、受験の最終チェックをしてたらしい。
「ゴメンな、こんな寒い中、待たしちってさ。」
自分が誘ったんだし、普段の練習で鍛えてあるから平気だと言う主人公。
「ほんじゃ、帰ろっか?」
菊丸の言い方がすごく優しいです(*^^*)
帰り道、菊丸に今日が何の日か知っているか聞いてみる。
「うん、女のコから、チョコレートをもらう日っ!」
「あっ、もしかして・・・。」
「お前が一緒に帰ろうって、誘って来たのって・・・。」
チョコレートを渡そうとする主人公v

「ゴ、ゴメンッ!悪いけどさ、それはダメダメさんだぞ。」

!!!Σ( ̄ロ ̄lll)

主人公からのチョコが受け取れないと言うのか!?菊丸!!!


「義理チョコでもさぁ、せっかくもらったんだし、全部、食べようと思ってるからさ。」
・・・?何を言ってるんだ??

「だから、いくらお前の頼みでも、1個も譲れないんだよね。」

何と、菊丸は主人公に、今日もらったチョコを分けてくれと言われるのかと思ったらしい!
いくら甘いモノ好きの自分でも、そんな意地汚いことはしないと反論する主人公(笑)。
自分も菊丸にチョコレートを持ってきたのだと告白v
「おっ、ホントに?サンキュー。」
ノリが軽い・・・。絶対義理だと思われてるよ・・・(^_^;)。
「でも、いっぱいもらってるみたいですし・・・。」
「あーっ、もらう、もらうっ!だって、それ、オレに用意してくれたんでしょ?」
大事に食べるからちょうだいって。
「やったねっ!お前からチョコもらえるなんて、感動、感激、感謝、感謝!!」
ま、喜んでもらえるならいいけどね(*^^*)。
「ところで、このチョコってさ、賞味期限あんのかな?」
「毎日、少しずつ、味わって食べるからさ。ホント、ありがとさんっ!」

2/15。菊丸と練習。

2/28。夜、菊丸より電話。受験が終わったんだ!恐る恐る出来を聞いてみる。
「もう、カンが冴えまくり!余裕だったね、よ・ゆ・う!」
ほ、本当に大丈夫なのだろうか・・・( ̄□ ̄;)。
これでやっと存分にテニスができると言う菊丸。
「これからは、一緒にみっちり練習できるよな、Jr選抜のっ。」
ブランクは大丈夫かと心配する主人公。
「なに?いっちょまえに、オレの心配してくれるんだ?」
すぐにカンを取り戻すから心配無用と言う菊丸。

「・・・頑張ろうな、一緒にさ。」

この「・・・」がいい感じ!!(≧∇≦)

3/1。菊丸が教室にやって来た!合格を報告しに来てくれたらしいv
実は朋香から聞いて知っていた主人公とリョーマ。
これからJr選抜に向けて頑張りましょう!!
「なまってるんじゃないっすか」と生意気リョーマ(笑)。
「こんくらいのブランク、へへへのカッパっ!おチビになんて、負けないぞ!」
「へぇ・・・じゃあ、これから打ってもいいスよ。」

「・・・授業始まりますよ。」

主人公、冷静なツッコミ!!\(>▽<)/

3/6。Jr選抜前日。夜、菊丸から電話。
「ちょっとお前に話があるんだよね。」
「いま、公園にいるんだけど、ちょっと出てこれない?」

こんな時間に話って・・・もしかして、愛の告白!?

公園に行ってみる。

「ズバリ聞くけど、明日、オレとダブルス組む気ない?」

わ!本当に直球だ!!
「明日は正真正銘、中学で最後の試合ですよ?」
そんな大切な試合のペアが自分でいいのかと驚く主人公。
菊丸は、それが一番だと思ったから頼んだと言う。
「オレの直感って、すっごく良く当たんだよね。」
動物的直感!?
主人公となら、明日きっといい試合が出来ると思ったらしい。
「それにさ、オレのわがままなプレイうまくフォローしてくれんのって、女子じゃ、お前だけなんだよね。」
「女子じゃ」って・・・。やはり大石には敵いませんか・・・(^_^;)。
主人公と一緒にプレイすると、菊丸はすごく自由になれると言う。
「お前と組む試合って、鳥肌が立つくらいゾクゾクしちってさ・・・。」
菊丸――――!!!(≧∇≦)
もちろん、ダブルスの相手は引き受けます!!
ここまで言われて断るなんて出来ません!(> <)
「だいじょうぶだって。オレたち、ピッタンコだからさ。明日は優勝間違いなしだって。」
よし!!頑張るぞ!!!\(>▽<)/

3/7。Jr選抜。
今日はとことん楽しむつもりで来たと言う菊丸。
「そうですね。楽しまなきゃ損ですよね!」
「そうそう、お前と一緒に・・・楽しんでプレイできれば、オレ、言うことないもんね。」
菊丸――――!!!(≧∇≦)
だけど、どうせだったら優勝だと。

「中学生活の中で、いっちばんいい思い出、お前と作りたいからさ。」

!!!!(≧∇≦)
「にゃはははっ、なーんてっ!」
照れて目をそらしてる菊丸がもうメチャクチャ可愛いです!!!(〃∇〃)

「先輩が高校に行っても、私のこと忘れられないくらい最高の大会にしちゃいますっ!」

主人公!!!何をする気だ!?Σ( ̄ロ ̄lll)

決勝。リョーマ・鳥取ペアと対戦。
「なになに?決勝の相手って、お前たちなのぉ?」
主人公とペアでよく決勝まで来れたと挑発するリョーマ。
「・・むーっ、オレのパートナーをバカにしたな。」
菊丸が私のために怒ってくれている!!(≧∇≦)
よし、頑張るぞ!!
そして勝利!
「はっはは!気持ちい〜よなぁ・・・。」
これで日本一のミクスドペアだ!!Jr日本一だ!!\(>▽<)/
「見返してやったな、おチビのヤツを。」
「お前だってテニスにすべてをかけてるってこと、教えてやったじゃん。」
菊丸・・・(; ;)。
とりあえず、もうへとへとだと言う主人公。菊丸も充電切れだって。
「まだまだだね。」
ここでおチビ(笑)登場!
「クールダウン、するべきじゃない?一流の選手ならね。」
そして鳥取とお話。氷帝最後の試合だったらしい・・・(涙)。
最後に、鳥取がリョーマに対して一言。

「そうそう、越前くん?あなたのテニスに対する実力と情熱は認めるけど・・・。」
「そのひねくれた性格、直さないと、嫌われちゃうぞ!」

「余計なお世話っスよ。」


何、この会話!?Σ( ̄ロ ̄lll)
このイベントは初めてだよ!?
菊丸限定!?それとも、リョーマと仲良くしてたから??
いずれにせよ、ちょっとおいしい!!!(≧∇≦)

リョーマに声をかける主人公。
「・・・試合終わったし、オレ、帰るから。」
そう言い残し、リョーマが行っちゃった・・・(; ;)。
「・・・にゃるほど。おチビちゃん、いいとこあるじゃん。」
菊丸??
「んと、おチビちゃんはさ、最大のライバルって思ってるんだ、お前のことをさ。」
何ですと!?
強いヤツ大好きってヤツだかんね。お前がもっと強くなるの、楽しみにしてんじゃん?」

慌ててリョーマを追いかける主人公。
「あの試合前の挑発的な態度も、ミクスドで出場したのもみんな、私のためだったんだよね?

私のため!!私のため!!私のため!!!(≧∇≦)(←しつこい)

これからが自分たちの時代だから、強くなってもらわないとと言うリョーマ。
ここで恒例のハイタッチ!
う〜ん。今回で初めてリョーマの本心に触れたよ。何故!?好感度が関係してんのかな??
それとも菊丸のおかげかな??

3/8。卒業式。
(菊丸先輩にはいつも笑われてもらったっけ。)
(でも、たまに、鋭いことや厳しいこと言われると、本当にグサっときたなぁ。)
・・・特に何も言われた覚えはないのですが!?

夕方、コートにて菊丸と話。
「はぁ〜、ホントに卒業しちゃったんだなぁ・・・。」
菊丸――!!泣き出す主人公。(←乙女!)
「お、おいっ、泣くなってば!オ、オレまでもらい泣きしちゃうじゃんか。」
「だって、先輩とはいっぱい思い出があるから・・・。」
最初は素人だった主人公が上達したのは、菊丸の指導があったからだと。
人に教えるのは得意ではないと照れる菊丸。
主人公は、菊丸を見ているだけで勉強になったらしい。
コートの中のプレイも、テニスを好きでたまらない姿も・・・。
それを言うなら菊丸も同じだと言う。
主人公がすごく楽しそうにラケットを振っている姿を見てると、時部がテニスを始めた頃を思い出し、初心に戻れたらしい。
これでおしまいと言うわけではないと言う菊丸。
「オレにとっては、どっちかっていうと始まりみたいなもんでさ。」
始まり??

「そーだよんっ!なんつーかさ、テニスに対しても、お前との関係に関してもな。

主人公との関係って!?(≧∇≦)

主人公とのダブルスは本当に楽しかったと言う。
休日の練習だって、ワクワクしながら来ていたのだと。

「だから、最後の試合もお前と出場できて、ほんと、うれしかったよ・・・。」
菊丸――――――!!!(T△T)



「これからも、一緒にテニスやらない?」
「これからも、オレのパートナーとして。」




プロポーズだ!!!!(≧∇≦)
もちろん、強制ではないと言う菊丸。

「強制してください。」

これからもよろしくお願いしますと言う主人公!!\(>▽<)/

「部活、頑張れよ。青学テニス部を引っ張っていくって気持ちでさ。」

「お前なら、きっとできるから。」



そしてED。

桜と菊丸。何だか大人っぽい!\(>▽<)/
桜が満開になる頃には、菊丸は高校生・・・。何だか笑える。
「にゃはは。オレは、また1年からやり直しだ。楽しい先輩がいるといいけどな〜。」
菊丸なら誰とでも仲良くなれると言う主人公。

「んん?お前はそれでいいの?」

菊丸!!!(≧∇≦)
「どうしてですか?先輩が人気者になるって、いいことじゃないですか。」
主人公、鈍感!!Σ( ̄ロ ̄lll)

「いや、オレが誰とでも仲良くしてるってことを、お前が・・・。」

「私が・・・?」

「・・・なんでもないよん。」


菊丸――――!!!どうした、大人になったじゃないか!!(≧∇≦)
途中で秘密にされると、すごく気になると言う主人公。

「気にしろ、気にしろ。お前みたいなヤツはものすごぉ〜く、気にしなさい。」

主人公、バカにされているとちょっとすねてみる(笑)。

「オレが?お前を?かわいい後輩を、どうしてバカにするんだよ。」

主人公の性格はテニスにも出ていると言う菊丸。
「ま、お前のテニスってヤツ、好きだけどね。オレのスタイルにも合ってるし。」
「・・・あ〜あ、こんな気の合うヤツ、高校じゃ、なかなか見つかんないだろうなぁ〜。」
休みの日は自分がテニスにつきあってあげるから、我慢してくれと言う主人公。
ありゃりゃ。大きく出たよ(笑)。
「うん。結局、一番仲良しなヤツってお前ってことになるんだろうな。」

「えへへ、それってなんだか・・・。」
「やだ、先輩ったら!もうっ!」


主人公!?何を想像した!?Σ( ̄ロ ̄lll)
とりあえず、そろそろお弁当を食べようと言う菊丸。

「作って来てくれたんだよな?」

まだ菊丸ほどの腕前じゃないけど、頑張ってみたらしい。
「ふ〜ん、楽しみだな。少しは上達してんのかに〜。」
「テニスをあれだけ頑張ったお前だからな。料理の方だって、もっともっとうまくなるって。頑張れよ。」
・・・あのう・・・。料理パラメーターは既にガンガン上げちゃってるんですけど・・・(^_^;)。

こうして1年が終わった。
菊丸は高校、主人公は中学。離れてしまうが寂しくはない。
休みの日にはテニスの約束してるし、会おうと思えばいつだって!
テニスのこととか、料理のこととか、成長した自分を見てもらいたい。
これからもいろいろなことを菊丸から教えてもらおうと張り切る主人公であった。(←何故ナレーション風味!?)


菊丸EDでした!ベストパートナー度は25730。
やっぱり、菊丸はお子様だね。まだまだだよ(笑)。
にしても、雨宿りイベントには萌えました!!もう、なんてサービス満点なの!!(≧∇≦)
前作では菊丸の着替えのぞいちゃったから、これでおあいこだねv
そして恒例の学園祭の劇は、とてもあっさりしててちょっと期待外れでした(^_^;)。
もっと慌てる菊丸が見たかったんだけどなぁ。やはりお子様だからか!?
先輩と言うより、同級生、むしろ後輩と言ってもいいくらいのノリで、個人的に萌え要素は低かったようにも思います。
雨宿りイベントは別格だけど(笑)。
EDでは、ちょっと大人になった菊丸だね(*^^*)

さて、次は誰にしようかなぁ。
乾か橘か・・・伊武も気になるなぁ・・・。


2003/10/28

S&T2トップへ戻る