テニスの王子様 RUSH&DREAM! プレイ日記

裕太ED(ムラッ気)
裕太のムラッ気ルートで行ってみます。怒られるだろうなぁ・・・(;´д`)。

3/3。練習試合。宍戸&鳳と対戦。勝利。
調子に乗る主人公を諌めに来たのは観月でした。ムラッ気ルートに入ります。

3/4。練習試合。ブン太&ジャッカルと対戦し、勝利。
「ちょっとポカもあったけど・・・勝ったんだし、別にいいよね。これが私流のテニスなんだから。」
「そう、これが私流プレイなんだよ!もう誰だろうと、いつでも来いって感じだよね!」
ここで裕太登場。
「なら、俺と勝負しろよ。・・・もう1ゲームくらい、やれるだろ?」
「い、いいですよ!受けて立ちます!」

そして・・・。

「ゲームセットだ。」
一方的に負け、今まで勝てたのは何だったのかと混乱する主人公。
「練習試合に勝てても、お前はまだ基本がなってねぇ。何年もテニスを続けてるヤツには見抜かれるぜ。」
「本番に強くても、それじゃそのうち限界が来る。毎日、練習を積み重ねてる相手に勝てるワケがねぇんだ。」
主人公、グゥの音も出ません。

一人、部屋まで戻ってきました。
すると、裕太が部屋の中まで乗り込んで来たよ!\(>▽<)/
「おい、○○(主人公)・・・。なに閉じこもってんだよ。逃げりゃ、それでいいのかよ?」
「不二さん・・・女子の部屋に入るなんて、非常識ですよ・・・。出て行ってください。」
「早川の許可は取っているし、ドアも開けっ放しだ。はぐらかすのはよせよ。・・・来い!」
さすが裕太。ちゃんと手順は踏んでるようです。
「痛い!不二さん、腕が痛いです!どこに連れてくつもりですか?」
「・・・いいからついて来い!」

やって来たのは、インドアテニス場でした。
「・・・練習なんかしたって、今更みんなに追いつけるはずないじゃないですか。」
「そうやって座りこんでたら、追いつけるはずねぇだろ。」
「・・・・・・。」
ここで画面が揺れました。何事!?Σ( ̄ロ ̄lll)
(・・・不二さん。あ、床が揺れてる・・・。)
(・・・・・・。すごい振動・・・。)
(不二さん・・・こんなに激しい練習を毎日やってるんだ・・・。)
(毎日・・・。青学テニス部でも、1年生は基礎から、毎日みんな頑張ってやってた・・・。)
(こんなにすごい球を打つ不二さんだって、もっと強くなるんだって、コツコツ練習してるんだ・・・。)
(不二さんが、私のこと怒るのも当然だよ・・・。私、なに考えてたんだろう!)
練習に励む裕太の姿に心を打たれる主人公。

「・・・不二さん!私も、練習します!一緒にやらせてください!」
「おっ、やっとやる気になったか?」
「はい!基礎がどんなに大事か、わかったような気がします。」
「気がする、か。まぁいいか、それでも。やればそのうち嫌でもわかるしな。」
ちょっと引っ掛かるところがあるようですが、ま、それは見逃してください・・・(^_^;)。
「・・・はい。」
「でも、今日はもう休めよ。練習試合のあと1ゲームやって、また練習じゃ、身体を壊すぜ。」
「でも、不二さんはやってるのに。」
「お前とは鍛え方が違うぜ。俺はテニス始めて何年経つと思ってるんだ?」
「・・・あ。(そういえば、何年くらいやってるんだろう・・・?)」
「覚悟しとけよ。明日から特訓だからな。」
「はいっ!不二さんが特訓してくれるなら、私、頑張っちゃいます!」

(不二さんが私のこと、あんなに気に掛けてくれてるなんて今まで気付かなかった・・・。)
(よし、明日から再出発のつもりで頑張ろう。まずは基本から始めてそれから自分のスタイル作りだ!)

ムラッ気ルート裕太EDでした!
自ら練習に励む姿を主人公に見せ、主人公自身に気付かせる裕太が素敵でした(*^^*)v
部屋に乗り込む時にちゃんと許可を取る、そんな真面目なところが大好きです(笑)。


2006/7/19

R&Dトップへ戻る