テニスの王子様 RUSH&DREAM! プレイ日記

宍戸ED(3/1〜2)
次は宍戸で行ってみます!彼もなかなか良いという話を聞くのでv
何だかキャラ的に裕太と被るような気もするんだけど・・・。
口は悪いけど照れ屋っぽいというイメージがあります。さて、どうなるのかな・・・?(ドキドキ)
気になる三角関係イベントはもちろん鳳とやっちゃうよ(*^^*)
必殺技伝授イベントのために、前衛の必殺技は空けておきましょう。

3/1。昼。素振り。
練習後、水飲み場で水を撒き散らしてしまう主人公。宍戸と鳳にかけちゃいました(> <)。
ここで三択。
「帽子の人にスポーツタオルを渡す」を選びます。
「すみませんでした。これ、使ってください!」
「いや、わざとでもねぇんだし別に気にしなくていい。」
宍戸、意外と優しい!(≧∇≦)
「まぁまぁ、せっかく言ってくれてるんだし、使わせてもらったらどうです?」
「・・・そうか?じゃあ、悪いな。」
すかさずフォローを入れる鳳!素直に聞き入れる宍戸!ビバ、鳳宍!\(>▽<)/
これでお知り合いになれたことだし、午後の練習試合はよろしくお願いしますよ♪

練習試合。宍戸と組みますv
「ああ。○○(主人公)と組むのは、当然だけど、初めてだな。」
「でもよ、話を聞いてたせいか、なんか初めてって気がしねぇけどな。」
話って、何・・・?
「ああ。鳥取から、よくな。なにしろ、似た経緯でレギュラー復帰したからな、話が合うんだ。」
ムムッ!ちょっと妬けちゃうぞ!
しかし、鳥取も宍戸も現レギュラー倒して復帰したんだよね。
お互い、倒された人物からは恨みを買ってそう・・・(^_^;)。
(どんな風なイメージとして見られてるのかなぁ、私・・・?)
本当、鳥取がどのように伝えているのかが非常に気になります。
「とにかく、コテンパンにやっつけてやりましょう!」
「補欠、補欠って言われてこのまま引き下がる訳にはいきませんからっ!」
「確かに、あいつの言い方はちょっとばかり気にくわねぇな。」
「別にお前の味方をするってわけじゃねぇけど、やってやるぜ。」
対戦相手は季楽&日吉。
「宍戸さん・・・下克上、果たされてもらいますよ。」
「上等だぜ、日吉。下克上なんか10年早ぇってこと、思い知らせてやるぜ、オラッ!」
はい、思い知らせてやりましょう!
「知り合い・・・なんですか?」
「日吉は俺の後輩だ。跡部引退後の氷帝の柱になったほどの実力もある。・・・油断すんじゃねぇぞ。」
テニプリ界では部長のことを「柱」と言うのが流行っているようです。
さぁ、頑張るぞ!
試合にはもちろん勝利です。
「やるじゃねぇか。でかい口叩くだけはあるな。けっこうやりやすかったしな。」
「そうでしたか?えへへー、ま、これくらいは当然ですよ!」
調子に乗る主人公・・・(;´д`)。
「おいおい、あんま調子に乗んじゃねぇぞ?」
宍戸に注意されちゃった!(> <)。だけど、言い方はすごく優しい感じだよ♪
ここで二択。
素直に「はい、すみません・・・。」と反省してみます。
「はい、すみません・・・。ちょっと調子に乗りすぎました。」
「プッ、笑ったり、しょげたり、まるで百面相だな。ったく、見てて飽きねぇぜ。」
ならば、もっと見てください!(≧∇≦)
「ひゃ、百面相〜っ!?」
「まぁ、機会があったら、また組んでやってもいいぜ。・・・じゃあな!」
もちろん、これからはバリバリ組んでもらいますよ(*^^*)

→「だって、正メンバーに勝ったんですよ!」を選んだ場合。
「だって、正メンバーに勝ったんですよ!もう補欠だなんて誰にも言わせませんから!」
「ははは、お前、聞いてたとおりのキャラクターだな。」
聞いてた通りって、何!?お調子者ってことですか!?
鳥取は宍戸に何を吹き込んだのだ!?Σ( ̄ロ ̄lll)
「機会があったら、また組もうぜ。・・・じゃあな!」
(聞いてたとおりのキャラクターっていったい・・・?)
気になるよ〜〜〜!!!


夜。散歩に出ると、鳳&宍戸に遭遇。(一番高いパラメーターはパワーです。)
どんな性格かと聞かれ、宍戸好みっぽく「生意気だって言われます。」を選びます。
「よく生意気だって言われます。誉められてるのかはわからないんですけど・・・。」
「ふーん、俺はそういうヤツ、嫌いじゃねぇな。向かってくる感じがいい。」
宍戸に気に入られちゃった(*^^*)v
「えへへ、つまり誉められてるんですね?」

意外と寒いため、くしゃみを連発する主人公。
「・・・・・・。」
宍戸が何か考えてるみたいです。

「ったく、しょうがねぇな・・・。部屋の前までジャージ貸してやる。送ってくから、早く戻ろうぜ。」

照れくさそうにいうところがかわいいぞ!\(>▽<)/
「は、はい。ありがとうございます。」
(このあと、宍戸さんに部屋まで送ってもらっちゃった。)
(宍戸さんって、思ったよりもずっと優しい人なんだな・・・。)
そうですよ。恥ずかしがり屋さんなだけですよ(*^^*)v

夜。夢。欧州貴族です。これは初めてだ!
優雅な音楽が鳴ってます。もうこれだけでおかしい・・・(^_^;)。
ゴージャスな部屋に、おしゃれかつ恥ずかしいパジャマを着ている主人公。
フランスの王女様のようです。プッ!ガラじゃないよ!!(笑)
どうやら性格はそのままのようなので、ちょっと安心したけどね。

「あら、跡部伯爵。ごきげんよう。やはり今夜は、あなたもいらしていたのね。」
主人公!や、やめて!!おかしくて笑いが!!
跡部は伯爵家の跡取り息子らしい。
「王女様にはごきげんうるわしく。・・・みなが、お声が掛かるのを待っております。さあ・・・。」
跡部は何だかやけに似合ってます。
本日は事実上、お見合いのようです。ビバ、逆ハーレム!\(>▽<)/
宍戸登場。似合わない・・・!(≧∇≦)
「ごきげんよう、宍戸様。お国はデンマークでしたわね。フランスはいかがかしら?」
(この人がデンマーク王子で、フランスに遊学中。何人目の王子だっけ?ヤバッ、忘れた!)
主人公!Σ( ̄ロ ̄lll)
「たいへん豊かな国ですね。国土が広くて、うらやましいです。それに、王女様がお美しい。
何ですと!?こんなこと言うの、宍戸じゃないよ!!(≧∇≦)
鳳は宮廷楽士で、主人公のピアノの先生だって。
忍足は王族の護衛をする近衛連隊の隊長、岳人は伯爵家の長男で子爵。
樺地は海軍将校。しゃ、しゃべった!!(≧∇≦)
どうやら彼らの中から誰かを夫に選ばないといけないようです。
選んだ人が次期王様だって。
この際、好みで決めちゃおうよ。\(>▽<)/
いろいろ考え事をしていると、誰かにぶつかってしまいました。
「危ないっ!」
ここで日吉登場!
「貴様、王女の体に触れるとは!身分をわきまえろっ!」
跡部が主人公のために怒ってるよ!
「ねぇ、跡部伯爵。よそ見してぶつかったのは私の方ですよ。彼は助けてくれたんじゃない。」
「ですが、こやつはたかだか1代男爵。王女様と口をきける身分ではありません。」
「あら、じゃあ私があのまま床に倒れて、ケガをした方がよかったっておっしゃるの?」
「そ、そんなことは・・・!」
主人公、強気だ!さすが、女王様。(←王女様です)
ジローも出てきたよ。
「あははははっ。跡部、オメェの負けだろ。王女様を助けたんだから褒美をやったらどうだ?」
「ジロー!?お前、家を捨ててどこぞの画家に弟子入りしたんじゃなかったのか?」
何と、ジローは夢の中でもマイペースだ!
師匠が宮廷画家として招かれたため、ジローも応急に置いてもらってるんだって。
日吉にも先程のお礼を言う主人公。素直な日吉、萌え!(≧∇≦)
「王女!軽々しくお声を掛けていい相手ではないと、先程から・・・!」
跡部、ヤキモチですか?(*^^*)
忍足がやって来た。
「王女様、おケガがなくてなによりでしたな。」
「忍足、お前がついていながら、どういうことだ?」
跡部が忍足に八つ当たり!\(>▽<)/
目を離したのは近衛兵だと言う忍足。何だか言い訳っぽいぞ!?
後できつく叱っておくから、そこまで声をあらげなくてもと言ってます。
何か、身分があるっていうのもいろいろ大変だねぇ・・・。

そして乾杯。
「おや、お疲れですか?お顔の色が冴えないようですが・・・。」
跡部・・・。半分以上はアナタのせいのような気がしますが・・・(^_^;)。
一人になりたいと、テラスに行く主人公。
王女って大変だとつぶやいていると、宍戸がやって来た。
「おや、こんなところにいらしたんですか?」
最新の音楽も食事も素晴らしかったと言う宍戸。
「あれだけ走りまわっていれば、大変でしょう。ジュースはいかがです?」
宍戸、なかなか気が利いてるよ!(≧∇≦)
ここで三択。
「もっと気を楽に。」「普段の貴方をみせて?」「敬語はやめませんか?」の3つ。
「もっと気を楽に」を選んだけど、どれを選んでも結果は同じでした・・・(^_^;)。
「友達と過ごす感じで。・・・ふたりきりのときくらいいいじゃありませんか。」
主人公、ちょっと誘惑!?
「面白いことを、おっしゃる方だな。・・・それとも、もう俺は夫候補として最有力なんですか?」
宍戸!!もちろん、出会った瞬間から貴方と決めておりましたよ!(≧∇≦)
「あっちゃ〜、そういう意味では!あの、お友達から始めませんかということなんですが・・・。」

「はははっ。そんなに焦んなくても、王女様にいきなり襲いかかったりしねぇよ。」

宍戸――――!!\(>▽<)/
「ご、ごめんなさい。(へぇ〜。普段は結構くだけた話し方をするんだ。)」
「かたっ苦しいのは俺も嫌いだぜ。次男坊だから、あんまり外交なんだのやらねぇしな。」
何だか打ち解けてくれたようです。
「あ、そっか第2王子でしたっけ。」
「ああ、だから婿養子にはちょうどいいだろ。」
婿養子!!(≧∇≦)
「あ、でも私が女王になるワケじゃなくて・・・王様になってもらわないと困るんです。」
宍戸に王様っていうのは何か似合いそうにないなぁ・・・(^_^;)。(←それはお互い様)
フランスは女王の前例がないそうな。
「別に、俺も兄まかせで遊んでたワケじゃねぇから、その辺は心配ねぇぜ。」
「足りないところは、これから勉強しても充分、間に合うだろ。」
宍戸、やる気満々だぞ!?外交とかはやらないんじゃなかったのか!?
今さっき、「かたっ苦しいのは苦手」とか言ってたのに・・・(^_^;)。
っていうか、そんなに主人公と結婚したいのか!?(≧∇≦)
「はあ、すごい。やる気マンマンですね。」
「そんなんじゃねぇよ。もしお前と結婚しなくても、本国で兄の片腕として動くんだからな。」
「笑っていればいい私とは大違いだわ。」
宍戸、何だか野望を持っているようです。しかし、不勉強で話についていけない主人公・・・(;´д`)。
「あ、でもホルスタインと言えば乳牛ですよね。」
ここで三択。
「宍戸さんの好みって、まさか・・・。」を選んでみよう。
「宍戸さんの好みって、まさか・・・。・・・ううん、なんでもないです。」
まさかって何!?Σ( ̄ロ ̄lll)

「な、なに顔を赤らめてんだよ!?いったい、なにを想像したんだよ。」

「気にしないでください。」
気になるよ―――!!!
「・・・・・・・・・。(気にするなって、なぁ。)・・・・・・・・・あ、あのよ・・・。」
何だこの微妙な間は!(笑)
照れている宍戸が可愛いですv

→「原産地はフリースランドですよね!」と知識のあるところをアピールした場合。
「・・・・・・そうなのか?」
(ぼぼーん!ハズしちゃった!)
主人公には知識があっても、宍戸の方に知識がなかった!Σ( ̄ロ ̄lll)

→「それに、ミルクといえばチーズ!」を選んだ場合。
フランスのワインと合うだろと言う宍戸。
なるほど、そういう答えもあったか!


「1度、遊びに来ねぇか?半島と無数の島から出来てる国だ。お前には珍しいだろう。」
「そうですね、面白そう。考えておきます。」

「結婚の話も考えといてくれよ。」

プロポーズだ!!(≧∇≦)
「・・・あ、はい。じっくり考えます。」
私的には、即OKなんだけどなぁ。
身体が冷えたので中に戻ると言う主人公。
(あ、あらら・・・?追いかけて来てくれないんだ。)
って、主人公!何様!?Σ( ̄ロ ̄lll)
(う〜ん・・・。もうちょっと、付き合えばよかったかなぁ?)
また次のパーティーに期待しましょう。
(疲れるパーティーもあの人と話せる場所だと思えばちょっとは楽しみかな・・・。)

3/2。3時。榊より明日からの早朝練習は、各自の判断で自主トレだとの指示が。
宍戸がやって来たv
「いたいた。おい、○○(主人公)。」
「宍戸さん?なにかご用ですか?」
「ああ。明日なんだけどよ、一緒に練習しねぇか?」
もちろんOKですよ!(≧∇≦)
「お願いします!」
「即断即決か。そういう竹を割ったような性格はいいんだけどよ、ちゃんと考えて決めたんだろうな?」
ぼぼーん!そんなに主人公って考えなしに見えますか!?Σ( ̄ロ ̄lll)
「当然じゃないですか。私だって、右脳だけで生きてるわけじゃないんですから!」
「ははは、悪ぃ、悪ぃ。」
「じゃあな!明日の朝、楽しみにしてるぜ。」

→「ごめんなさい・・・。」を選択した場合。
「ごめんなさい・・・。ちょっと自分で考えてることがあるんです。」
「そうか。・・・ま、お前にはお前のやり方があるわけだし、しょうがねぇか。」
「そんじゃ、練習頑張れよ。」
「はい!」
(うーん、せっかく誘ってくれたのに、悪いことしちゃったかな・・・。)
宍戸はとても爽やかでした。


練習試合。南&吉川と対戦。宍戸と組みますv
「お前、今日の相手のこと知ってるのか?」
「吉川さんとは、都大会のミクスドで対戦したことがあるんです。」
「そうなのか。データテニスか。・・・やりにくいかもしれねぇな。」
宍戸、乾との試合を思い出してるのかな?
そして勝利。データが採れても勝てなければ意味がないと調子に乗ってる主人公。
「それはちょっと違うんじゃねぇのか?」
「なにがですか?だって、勝ったじゃないですか!」
「確かに今日の試合は勝った。しかもダブルスの名門、山吹のペアにだ。」
「お前も油断のないプレイでよくやってたと思う。」
「でしょう!ほら、やっぱり相手が強がってるんですよ。」
ヒィィ、主人公何てコトを・・・!(;´д`)
「話は最後まで聞けよ。俺も、ダブルスを始めてそれほど長くねぇけどよ・・・。」
「お前のダブルスの技術はまだまだ未熟だと思う。」
「・・・そうなんですか?」
「ああ。こんなとこで満足すんじゃねぇぞ。」
諭されちゃった!(> <)
だけど、主人公のためを思って言ってくれてるんだし、感謝しなくちゃ!

夜。散歩。娯楽室に行ってみる主人公。
音ゲー、ビリヤード、エアホッケーなどあります。
何で合宿施設にこんな立派な娯楽室が!?Σ( ̄ロ ̄lll)
では、ビリヤードをやってみることにしよう。
「ん?お前、ビリヤードやるのか?」
宍戸登場!\(>▽<)/
宍戸は趣味でやっているので、それなりに自信があるようです。何だか意外・・・。
「趣味がビリヤードなんですか。わぁ、なんかカッコイイな・・・。」
「べ、別にそんなことねぇよ。お前だってできるんだろ?」
照れる宍戸が可愛いぞ!(≧∇≦)
「どうだ?せっかくだし、一緒にやるか?」
誘われちゃった!(*^^*)
CG登場です。真剣に狙いを定める宍戸。カッコいいvv
主人公も見よう見まねでやったら、なかなかいい筋をしていると誉められたv
「・・・よけりゃ、いまから少し教えてやろうか?」
「難しいことはねぇし、コツをつかめばもっと楽しめるようになるぜ?」
「わぁ、本当ですか?教えてください!」
というわけで、ラブラブなひと時を過ごしました。(多分)
明日も早いのでそろそろ引き上げることに。
「おい、ひとりで戻る気か?送ってくぜ。」
「大丈夫ですよ〜。私には必殺の踵落としが・・・。」
「いいから。ほら、行くぞ!」
男らしい宍戸に萌え!どこまでもついていきます!!(≧∇≦)

夜。夢。
何だか外が騒がしい。民衆の反乱が起きたようです。こりゃ、ビックリ!
民衆はパンすら満足に食べられない生活なのに、王宮ではパーティー三昧・・・そんな税金の無駄遣いについに民衆がキレたらしい。
「そ、そうだったの?私はてっきり、国民も私のように充分、食べてると思ってたわ。」
主人公、世間知らず・・・(;´д`)。
「・・・時として、知らないっちゅうことが、罪になる場合もあります。それを覚えといてください。」
忍足に諭された!カッコいいぞ!\(>▽<)/
跡部より、王が暴徒に捕らえれたとの情報が。主人公だけでも逃がそうとします。
王女の部屋に隠し通路があるので、そこから逃げられるそうな。
しかし、一体どこへ行けば・・・?
「王女、落ち着いてよく聞くんだ。あなたは本当はロシアの王女。そう、王が言い残しました。」
何ですと!?跡部、貴方今何と・・・!?Σ( ̄ロ ̄lll)
「はあ・・・って、ええっ!?今いきなりそんなこと言われても・・・!」
本当、寝耳に水です。
というわけで、ワケがわからないままロシアへ逃げる事に。
ここで宍戸登場。
「・・・はあっ、はあっ。いったい、なにが起きてんだよ。誰か説明しろっ!」
民衆の革命だと説明する日吉。
誰か1人が王女について行かねばということで、宍戸が名乗りを挙げましたv

「俺が王女を守ってやるよ。フランスから出るなら外国人の俺が1番、出易いだろ。」

宍戸・・・(*^^*)
「あとの者には、すまないがおとりになってほしい。」
ええっ!?跡部たちを見捨てるの!?Σ( ̄ロ ̄lll)
ジローから包みを受け取りました。デッサンの消しゴム用のパンらしい。
「少しは腹の足しになるだろ?・・・それから、これも。」
何と、お金!執事に用意させたらしい。どうした、ジロー!大活躍だ!!\(>▽<)/
「金貨ばっかりだから、絶対1枚ずつ使うんだぞ。だまされないようにな。」
ジロー、カッコいい!!(≧∇≦)
そして宍戸と二人で愛の逃避行です。
かなり遠くまで来たので、ちょっと休憩することに。
「いつも王宮に閉じこもりっきりの王女様にしては頑張ったんじゃねぇか?」
宍戸が気遣ってくれてるよ!(*^^*)
「見つからねぇようにって、あんまりペースを落とさなかったから、もっと早くバテるかと思ってた。」
「あははは。お父様の目を盗んで、よくテニスをやっていたからかしら?」
「ああっ?そんな汗流すことやってんのか?お姫様なのに?」
テニスは貴族のたしなみですよ♪
乗馬とか外に出るのはダメだけど、テニスには室内だから許されているらしい。
走りまわって汗を流すのは好きだと言う主人公。
「やっぱお前、珍しいヤツだな。」
「でも、もうあのコートでやることはないんですね、きっと。」
「ロシアでも、出来るだろ。ちゃんと俺が連れて行ってやるぜ。」
そっか、ロシアの王女だったんだよねぇ。主人公・・・。いまだに不思議な感じです。
「ヨーロッパでは王家の婚姻関係は当たり前だが、他に子供もなく秘密のまま養女を迎える・・・。」
「確かに珍しい話ではあるな。」
それなら男の子をもらった方が良かったのでは・・・?わざわざ婿養子を探す必要ないし。
会った事もない人たちを頼れというのは自信がないと言う主人公。

「安心しろよ。これでも少しは外交の経験もあるんだ。俺がなんとかしてやるって。」

宍戸、頼りになるよ!(≧∇≦)
ここで三択。
もちろん、「頼りにしてます。」を選びます。
「・・・頼りにしてます。」
「すみません。私・・・ひとりじゃなにも出来ないですね。国内のことも知らなくて・・・。」
国民が反乱を起こすほど貧しかったことも知らなかったと言う主人公。
「うじうじ言ってんなよ。もう知ったじゃねぇか。これからもっと知ればいい。」
宍戸、男らしい!(≧∇≦)

ここで、ロシアに行く経路をどうするか聞かれました。
ケルンからベルリンか、フランクフルトからか・・・。
街道のコトなんかさっぱりわからないよ・・・(;´д`)。
「落ち込むなよ。俺は地理が得意なんだよ。好きなんだって!こーゆーの、覚えんのが!」
確かに、20.5巻に宍戸の得意科目は地理・歴史と書いてあります。
「ぷっ・・・。そんなにムキにならなくても・・・。」
「やっと笑ったな。」
宍戸・・・(*^^*)v
「す、すみません。じゃあ、このままロシアへ・・・。」
それしか選択肢がないと言う主人公。
ここで、ロシアにフランスを助けてもらう援軍を頼めないかと思いつきます。
自分がフランス王女ではないことは誰も知らないし、本当はロシア王女なので、フランスを差し出す事になるかもしれないが助けてもらえるかもと。
「そうだな。それがいい。交渉するなら、俺も手伝うぜ。」
え、いいの?そんなに簡単にいくものなの・・・?( ̄□ ̄;)
何はともあれ、張り切る主人公。ロシアへ向けて出発です。
「・・・いいけどよ。よそ見してるとまた転ぶぞ。」
「やだ、あれ見てたんですか?・・・あ、きゃあっ!」
お約束どおり、転んでしまいました(> <)。
「運動は好きでも、注意力は足りねぇ・・・ってことか?」
見てないで助けてよ、宍戸!Σ( ̄ロ ̄lll)

(王宮にいた頃は、色んなとりまきがいたけど・・・。)
(本当に私を大事に思ってくれてるのって、この人だけなんじゃないかなぁ・・・。)
って、あれ!?ジローもいろいろやってくれたじゃないか!Σ( ̄ロ ̄lll)
(一緒に来てくれたの、すごくうれしかった。)
(宍戸様・・・ううん、亮さん。・・・ありがとう。あなたがいてくれて、本当によかった。)
亮さんって!!(≧∇≦)



2005/1/22

次へ >>

R&Dトップへ戻る