テニスの王子様 RUSH&DREAM! プレイ日記

観月ED(落ちこぼれ)
次は観月の落ちこぼれルートで行ってみます。今までのルートも観月は優しかったけど、今度の落ちこぼれ主人公にはどのように手を差し伸べてくれるのかが楽しみです(*^^*)v

3/2。練習試合。木更津&柳沢と対戦し、敗北。
「手応えがなかっただーね。お前の成長、期待してたのに残念だーね。」
「ダブルスはキミが考えているほど簡単じゃないんだ。よく覚えておくといいよ。」
ここで観月登場。
「ダブルスの真髄かぁ。私、ダブルスをなめてたんでしょうか?」
「それはボクも同じことです。あのふたりの実力はわかっていたはずなのに・・・。」
「落ち込んでる時間はありません。勝つためには、練習あるのみです!」
「はいっ!私、もっと頑張ります!」
(次は・・・絶対に勝つ!二度とおんなじ失敗なんてしないんだから!)
ごめん、主人公。今回は落ちこぼれなので、全敗する予定です・・・(> <)。

3/3。練習試合。宍戸&鳳と対戦。敗北。
「負けちゃった・・・。やっぱり私、選抜なんてレベルじゃないのかな・・・。」
「みんな強すぎるよ・・・。私がこの合宿にいる意味って、あるのかなぁ・・・?」
ここで観月登場!
「どうしました?試合前の元気はどこに行ってしまったんです?」

→他キャラと組んで負けた場合。
「どうしました?いつもの元気なキミは、どこに行ってしまったんです?」

「観月さん・・・。私は、やっぱり場違いです。みんな、レベルが違いすぎますよ。」
「全国優勝校の監督推薦枠の私が大会に出たって負けるだけです。」
「そんなこと、わかりませんよ。決めつけるのはよくありませんね。」
「まだ時間はあります。練習して、少しでも差を縮めれば、キミはきっと勝ち上がれます。」
観月、優しい・・・(; ;)。
「気休めはやめてください。その同じ時間に、みんな練習してるんです。この差は縮まりません!」

「ボクの言葉が信じられないんですか?」

観月!!そんな、アナタの言葉を疑うだなんてことはしませんよvv
「そんなんじゃないです!もう、なにも言わないでください!・・・惨めになるだけです!」
せっかくの観月の優しさも、主人公には通じてません・・・(;´д`)。
「私・・・失礼します!」
(慰めなんて言われたって無駄だよ。私なんて、私なんて・・・大会出たって恥かくだけだよ!)
観月〜〜!!ごめんよ〜〜!!(T△T)

夜。散歩を選択。・・・したはずなのに、何故か食堂にいる主人公。
(うーん・・・なんか、食欲ないな。)
「なに、そんなに残して・・・ダイエット?」
那美が心配してくれました。
「焦っちゃうのもわかるけど、ごはんはちゃんと食べた方がいいわよ。」
「・・・別に、ダイエットとかじゃないよ。ただ、食欲なくって。」
「ありがとう、心配してくれて。でも、なんでもないから。」
「・・・ちょっと、散歩して来るね。」

そして一人、席をたちます。
(心配してくれるのは悪いけど、・・・こんなコト、相談できないよ。)
(慰めてくれるだろうけど、やっぱり、みじめな気分が強くなるだけだしね・・・。)
ここで観月に遭遇!
「あ、観月さん・・・!」
逃げる主人公。
「待ってください!そうやってボクから逃げても、大会は逃げてはくれませんよ!」
「・・・っ!!」
「いまから、ボクと練習しませんか?キミならきっと、大会までの期間にもっと強くなれます。」

「ボクは、そう信じています!だから・・・ボクを信じてください!」

観月―――――!!!(T△T)
ここで三択。「信じてます。信じてますけど・・・。」を選びます。
「信じてます。信じてますけど・・・。でもやっぱり、私には無理なんです!」

→「もう、ほっといてください・・・。」を選んだ場合。
「もう、ほっといてください・・・。どうせ私なんて、なにをしたって無駄なんです。」

→「信じられません・・・。」を選んだ場合。
「信じられません・・・。もう、なにもかも・・・。」


「・・・・・・。」
「私には・・・私なんかには、もう無理です。」
「私なんかに関わっても、観月さんの時間をムダにするだけなんです。」
「お願いですから、練習するならひとりでやってください。・・・失礼します。」
主人公、かなり落ち込んでます(> <)。
「○○(主人公)くん!・・・・・・。」
(あんな追い討ち掛けるようなこと、どうして言うの!?もう、やめてよ・・・。)

3/4。練習試合。ブン太&ジャッカルと対戦。観月と組んで敗北。
「さすがは立海大と言ったところですか。まだ、ボクたちじゃ歯が立たないようですね・・・。」
観月も敗北宣言です(> <)。

(負けちゃったよ・・・。やっぱり、もうダメなんだ。)
(これ以上は強くなんかなれない。・・・ここが私の限界なんだ。)
(練習しても・・・もう無意味だよね。・・・なんか、やる気がしないよ。はぁ・・・もう、いいや。)
落ち込んでいると、観月に声をかけられたよ♪
「○○(主人公)くん。休憩するなら、建物に入らないと身体を冷やしますよ。まだ風が冷たい。」
「観月さん・・・。身体なんて冷やしてもいいんです。これ以上やっても無駄ですから!」
「これが私の限界!もう私にはこの先はないんです!」
「弱冠13歳にして限界を語る・・・ですか。『限界』なんて都合のいい言葉で逃げてるヒマはないですよ。」
さすが観月。大人ですv
「もう、ほっといてください。実力が足りないんだもの、こんなんじゃ大会に出たって・・・。」
「試合でいつもどおりの力を出せるプレイヤーなど稀です。だから、みんな練習をするんです。」
観月、優しい・・・(; ;)。
「・・・ボクと一緒に来てください。」
それはプロポーズの言葉ですか!?(≧∇≦)
「え?あ、あの・・・観月さん?」

そして連れて行かれたところは、屋内テニスコートでした。
「さあ、ボクが見てあげます。キミに本当に可能性がないのかどうか。・・・行きますよ!」
球が飛んできました。
「・・・こんなこと、いくらやったって・・・。」
すっかりやる気をなくした主人公。
「あっ!・・・ほら、追いつけもしない。」
「フォームが崩れています。もっと意識して体全部を使うんです。体重移動に気をつかって・・・!」
「やっぱり、ダメです。」
「打てないと思い込んではいけません。もっと自分を信じてください!」
「・・・は、はい!」
一生懸命主人公を励ます観月が素敵です・・・(*^^*)v

(どのくらい、観月さんの球出しを受けたかなんて、もう、とっくにわからない。)
(ヘトヘトになっていた私からは一向に返せない苛立ちすら、もう消え失せていた。)
(あるのは、一球ごとに飛ぶ観月さんのアドバイスどおりに動こうとする気持ちだけ。)
(そして・・・。)

「あっ・・・!」
「リターンエース・・・お見事です!」
「で、でも・・・。観月さん、その・・・。」
「ボクが手を抜いたと疑うんですか?このボクがキミを喜ばせるためだけにテニスで手を抜くと?」
観月、カッコいいぞ!\(>▽<)/
「いいえ・・・。そんなこと、観月さんがするはずないですよね。」
「当然です。しかし、よくこの短期間にキミの弱点のコースを克服しましたね。」
「私は一球ごとに飛ぶ観月さんのアドバイスのとおりに動こうと必死だっただけです。」
「人のアドバイスを素直に聞き入れることは、それほど容易いことではありません。」

「素直な心、それがキミのなによりの武器です。」

観月!!(≧∇≦)
「えへへ・・・。なんか照れちゃいますよ。」

「・・・酷なことを言うようですが、青学で培った技術、一旦リセットしてください。」

・・・は!?Σ( ̄ロ ̄lll)
「えっ!?」
「キミに染み込んでいる悪いクセを矯正するには、もう一度基礎からやり直す必要があります。」
何ですと!?青学で頑張ったことを全部無駄にしてしまうというのか!?Σ( ̄ロ ̄lll)
「ボクに任せて頂けませんか?」
これは、『青学と観月、どっちを選ぶ?』ってことだよね・・・?
(青学で教わったことを忘れて観月さんに基礎から習う・・・。)
(これって持っていた必殺技が全部消えるってことだよね・・・。)
幸いにも、青学の必殺技は1つも持っておりませんが・・・(^_^;)。
(どうしようかな・・・。)
ここで二択。
「お願いします!」を選びます。青学よりも観月を取るよ!愛に生きるのだ!
「お願いします!どうせ1年に満たないキャリアです。惜しくはありません!」
「過去よりも未来を選びます!」
だから、責任とってくださいねv
「・・・キミは本当に強い人だ。ボクに任せてください。」
「はいっ!」
もう、身も心も任せます!(*^^*)
(観月さんが私のこと、あんなに思ってくれてるなんて今まで気付かなかった・・・。)
(よし、明日から再出発のつもりで頑張ろう。まずは基本から始めてそれから自分のスタイル作りだ!)
部屋に戻って慌ててパラメータ確認してみたけど、「青学魂」は消えてませんでした(笑)。
これって、青学メンバーから必殺技伝授してたら消えちゃうってことかなぁ・・・?

→「・・・ごめんなさい。」を選択した場合。
「ごめんなさい。やはり、青学での日々をリセットすることはできません。」
「・・・わかりました。では、ボクの申し出は聞かなかったということにしてください。」
「観月さん・・・。」
「明日からのキミに期待していますよ。」
「はい・・・。」
観月、何て優しいんだ!!(T△T)
(観月さんの申し出、断っちゃった。悪いことしちゃったかな。)
(でも、練習は付き合ってくれるよね?と、とにかく、頑張らなくっちゃ!)


夜。散歩に行こうとすると、忍足からメールが。なぜ主人公のアドレスを知っている!?Σ( ̄ロ ̄lll)

『よう、お前とのメールは初めてやんな。なんやヘンな感じするわ。』
『ま、それはええとして、お前、調子悪いみたいやんか。あんまり考え過ぎんときや。』
『合宿も残り少ななったし、改めて、頑張ってこうな。』


ありがとう、忍足!(≧∇≦)

3/5。練習試合。地味’sと対戦し、敗北。
「残念でしたね、試合・・・。でもキミは1歩前へ進みましたよ。確実にね。」
「観月さん・・・。そうですね、負けたのに・・・気分がそんなに悪くないんです。」
「それどころか、むしろ充実感があるんです!」
「全力を出し切った証拠ですよ。この調子を崩さずに、最終日の大会に臨みましょう。」
「はい。大会でも勝てるように、明日も頑張ります!」

3/6。練習試合。ダビデ&バネさんと対戦し、敗北。
「惜しかったですね。でも、仕上げの試合にいいテニスが出来たようで安心しました。」
「そうですね。もう、こうなったら明日の大会はやれるだけやる、それだけですよ。」
「頼もしいですね。その調子なら、きっといい成績を出せますよ。ボクが保証します。」
「えへへ、明日は精一杯、頑張らなくちゃ。見ててくださいね、観月さん。」

主人公、もう、観月と組む気満々です(*^^*)v

3/7。Jr.選抜。リョーマ&早川と対戦し、敗北。
「キミたちの勝利への執念には感服しましたよ。」
「観月さん、私は今から一足先に帰ります。」
なぬっ!優勝したというのに、早川、どうしたというのだ!?Σ( ̄ロ ̄lll)
「これから表彰式ですよ。」
「私はトロフィーなんかに興味はありません。次の大会に向けて練習します。」
「・・・ということだから、越前、私の分も表彰台に立っててね。」
「ちぇっ。ワガママなヤツ。」
つくづく、リョーマも女運がないような・・・(^_^;)。
「ま、早川さんらしいけど。」
主人公、早川の性格はわかっているようです。

「ここまででしたか・・・。負けたことは残念でしたが、キミと組めて楽しかったですよ。」
「私もです、観月さん、今日はいいゲームをありがとうございました!」
(準優勝か・・・。)
(最後は負けちゃったけど、そこまで行っただけでもラッキーだと思わなくっちゃ。)

後は「本当は出来るヤツ」「ムラッ気」と同じです。

落ちこぼれルート観月EDでした!
やっぱり観月は優しかったvvv(≧∇≦)
しかし、「青学で培った技術を一旦リセット」って、一体何だったんだろう??
細かいパラメーターの変動があったのかな?ちょっと謎です。



2005/8/24

R&Dトップへ戻る