テニスの王子様 RUSH&DREAM! プレイ日記

切原ED(本当は出来る奴)
次は切原の本当は出来る奴で行ってみます。
切原は優しかったり怖かったりするので、ちょっとドキドキ・・・。

3/3。練習試合。宍戸&鳳と対戦。切原と組みます。
「相手は、宍戸と鳳だっけ?どうせ氷帝の雑魚だろ。」
ヒィィ!切原、何てことを!!Σ( ̄ロ ̄lll)
「ダ、ダメですよ。そんな油断してたら、負けちゃうかもしれませんよ?」
「あり?お前って、意外と心配性なのな。」
「だって、私、相手ペアのことって、『理想のペア』とかっていう評判くらいしか、知らないんですから。」
「切原さんだって、そうなんでしょ?」

「おい、ちょっと待て!それじゃまるで出たとこ勝負のノーテンキ男みたいじゃねぇか!?」
(・・・違うんだ?)


主人公!ナイス突っ込み!!\(>▽<)/
「いいか、耳の穴かっぽじってよぉく聞けよ〜。」
「マークするとこは、宍戸の脚力が生むライジングのカウンターと鳳のスカッドサーブの2つだけだ。」
「へぇー、そうだったんですか。(えっ・・・たった2つだけなの?ま、いっか。)」
まぁ、この2つだろうねぇ・・・(^_^;)。
「そいじゃ、14分台で終わらせようぜ。」
「は、はいっ!」
(きっと、なんとかなるよね!)
主人公も意外と能天気です。なんだかんだ言って、似たもの同士?(^_^;)

1ゲームリードされたところで、宍戸&鳳のCG登場!
「残念だったな、○○(主人公)は、もう終わりだ!」
「ありゃっ、○○(主人公)、まさか、その程度で終わり?」
「冗談じゃありません!山で生まれ育って、青学テニス部で鍛えられてるんです。」
「あと、20ゲームは行けます!」
「だよな!そんじゃ、次のゲーム、絶対に取るかんな!」
「はいっ!!」

しかし、敗北。本当は出来る奴ルートに入ります。
自分のテニスが全然出来ていなかったと落ち込む主人公。
切原がやって来たv
「おっ、どうしたんだよ?妙に元気ないじゃん?」
「あっ、切原さん・・・。」
「なんだよ、試合のことを気にしてんの?」
この聞き方がすごく優しい・・・!(≧∇≦)
「だって、自分のテニスがまるで出来てなくて・・・。」
「へっ?・・・そうなの?お前、よくやってたじゃん。気にすんなって。」

→パートナーが切原以外だった場合。
「ははぁーん、さっきの試合のこと、気にしてんだ?」
「だって、自分のテニスがまるで出来てなくて・・・。」
「でも、俺も観てたけど、お前はよくやってたと思うぜ。」


「で、でも・・・。やっぱりこのままじゃ・・・。」
「ちょっと暗すぎるんじゃないの?こーんな顔ばっかりしてると、疲れちゃうっスよ〜。」
切原、おどけて主人公を励まそうとしてます。
「茶化さないでください!」
「今日の試合内容に、納得いってないんだったら、あとちょっと頑張ったらいいじゃん。」
「頑張ってます!」
主人公、切原の優しい言葉にも反抗的です・・・(;´д`)。
「私なりに頑張ってるのに、結果が出ないから、苦しんでるんじゃないですか!」
「お、おい・・・泣いてんのか?別に泣くようなことじゃ・・・・・・あ、おい!どこ行くんだよ!」
何と、主人公泣いちゃった!?Σ( ̄ロ ̄lll)
慌てる切原が素敵ですv
「自分のテニスができる切原さんには私の気持ちなんて、わかるはずないんです!」
(どうして、できないんだろ・・・?練習だって怠けてなんかいないし、真剣にやってるってのに・・・。)

夜。散歩。裏庭にて、切原発見!
「・・・なんて言うか、『俺の言い方が悪い』ってコトなんだろうと思うんだけどよ。」
一緒にいるのは、何とリョーマです!この2人がどうして・・・?( ̄□ ̄;)
「自分でそう思うんなら、そうなんじゃないスか?・・・って言うか、なんで俺に聞くんスか?」
「そりゃ越前、お前がアイツと同じ学校で同じ学年だから聞いてんだ。なら、俺よりはなんかわかんだろ?」
おまけに一つ屋根の下だしね(*^^*)v
「さぁ?そんなこと、直接聞けばいいんじゃないスか?○○(主人公)本人に。」
「それができりゃあ苦労はしねぇよ!なぁ、なんて言ったらいいのか、頼むから教えてくれよ・・・。」
あの切原が主人公の為に、リョーマに頭を下げてます・・・(; ;)。
でも、聞く相手が悪かったような気がしなくもない・・・(^_^;)。
(・・・ダメ、これ以上、見てらんないよ・・・。)
(切原さんは、あんなに一生懸命私にどうアドバイスすればいいか考えてくれてる・・・。)
(でも・・・それに応えることがいまの私にできるの?)
(・・・・・・。)
(とりあえず、見つかっちゃう前に戻ろう。)
切原、ありがとう!!(T△T)

3/4。練習試合。ブン太&ジャッカルと対戦し、勝利。
しかし、パートナーに頼りきりの情けないテニスだったと悔しがる主人公。
この思いを練習にぶつけようとします。

(はぁ、はぁ。あと5キロ走ろう。それが終わったら、壁打ちをやるんだから・・・!)
「ハァハァハァ・・・。(まだまだ・・・。まだまだこんな練習じゃあ・・・。)」
ここで切原登場!
「よっ、どうした?元気ないのな。調子、悪かったりすんのか?」
「別に調子が悪い訳じゃあ・・・。」
「だったら、いつものお前らしく、もっと元気出せよ。」
「あの・・・今の私って、そんなに私らしくないんですか?」
「らしくないというか、なんというか・・・。無理してるように見えるんだよな。」
「もっとこう・・・そうだなぁ・・・。気楽にやったら、いいと思うぜ。」
「気楽に・・・ですか?」
「そう、気楽にだ。そうすれば、もっとお前らしさが出ると思うんだけどな。」
切原が一生懸命アドバイスしようとしてくれてるよ・・・(; ;)。
「・・・・・・。」
「それに、無茶な練習したって、大して技術は身につかないぜ。リラックス、リラックス。」
「・・・そうですね。私、もう少し、肩の力を抜いてやってみようと思います!」
「それがいいって。んじゃ、頑張れよ。」
「はいっ、肩の力を抜いて頑張ります!」
「あっ、肩の力抜いたからって、頑張り過ぎんなよ。身体壊したら意味ねぇんだからな。」
切原、優しい!!(≧∇≦)
「あ、はーい!」
(切原さん、私のこと、心配してくれてたんだ。・・・ありがとうございます。)
(私、ひとりじゃないんだ!よーし、焦らずにじっくりと頑張って行くぞーっ!)

3/5。3時。
色々考えたが、今の自分にとって一番の敵は自分を甘やかしてしまうことだと気づいた主人公。
というわけで、午後の練習をサボって自主練習で特訓することに。
ここで切原登場!
「そうそう、その調子その調子。もう一度、1から始めるつもりで行こうぜ。」
「もちろん、そのつもりです!」
「ヒュ〜ッ、よく言ったもんだ!んじゃ、始めようぜ!」
「・・・はい?切原さん、なにを始めるんですか?」
主人公、ナイスボケ!\(>▽<)/
「特訓に決まってんだろうが!俺も○○(主人公)に付き合ってやるって言ってんだよ。」
「ええーっ!?それじゃ、切原さんも合同練習に参加出来ませんよ!?」
「んなことは○○(主人公)が気にすることねぇって。いいから、ちゃっちゃとやろうぜ!」
切原・・・(*^^*)vv
「あ、ありがとうございます!」
「んじゃ、行くぜっ!」
「はいっ、お願いします!」
というわけで、特訓開始です。

「ハァ、ハァ、ハァ・・・。」
「なんだよ、この程度で限界か?」
「くっ・・・。この程度で・・・諦めるもんかっ!次、お願いします!」
「そう来なくっちゃな!何があろうとも、食らいついてけよ!んじゃ、もう一丁!」
「ありゃ〜、悪い!手元が狂っちまった・・・。隣りのコートに行っちまった・・・。」
ここで主人公の足のCG登場。
「って、コラ、無理して追うなって!」
「絶対に諦めるもんかーっ!」
何があろうとも食らいついて行けと言ったのはアナタじゃないですか!
「たあーーーっ!」
「ええいっ!」

主人公、見事に打ち返しました。
「・・・・・・。」
無言で驚く切原。
「あはは・・・切原さん、これもリターンエースでしょうか?」
「すっげぇ!なんだ、その瞬発力と跳躍力は!?お前、そんな力を持ってたのかよ!」
主人公、山で生まれ育ってますから・・・。
「え・・・?夢中で打ち返しただけなんですけど。」
「ベンチを踏み台にしたとは言え、・・・お前さぁ、今、ものすげぇ高さまで飛び上がってたんだぜ!」
主人公、何やったんだ!?Σ( ̄ロ ̄lll)
「それって、○○(主人公)の隠された能力じゃねぇのか?」
「隠された能力・・・?」
「夢中で出した瞬発力をテニスに取り入れんだよ!そうすりゃ、きっとお前のテニスは進化するぜ!」
「私のテニスが進化ですか!よ〜っし、燃えて来ました!」

というわけで、特訓再開。特殊技能「鼻息」を習得。
「・・・切原さん、ありがとうございました!」
「お疲れー。」
「ねぇ、切原さん。私も結構、やるもんでしょ?なーんて。えへへ・・・。」
「まぁ、そうだなぁ・・・。思ってたよりはやるんじゃねぇの。」
「もう!なんでこんな時ぐらい、素直に誉めてくれないんですか!?」
「えっ?誉めてるじゃん。」
切原、乙女心がわかっておりません・・・(^_^;)。
「・・・そうなんですか?そんなに誉められたって気はしませんけど。」
ここで切原のドアップ!
「ったく、そんなことで怒るなよな。ほーら、リラックスリラックス。」

(あ・・・頭をポンポンって・・・。)

頭ポンポン、出た―――――!!!!(≧∇≦)
萌え!!これはCG欲しいよ〜〜〜!!
「・・・切原さんって、私を小動物か何かと同じだと思ってませんか?」
「・・・・・・。」
「・・・・・・。」
無言の二人(笑)。

「いや、そんなことねぇって。」
「うそ!今、変な間があった!図星だったんでしょ!!」


「おいおい・・・ヘソ曲げんなよぉ。」
「もう・・・知らないっ!」
主人公に押され、切原がタジタジなのがおかしいです!\(>▽<)/
「おおっと、そろそろ練習試合の時間だぞ!ほら、行くぞ!」
「あーっ!切原さんったら、話をそらしてゴマかそうとしてる!!」
「ははっ・・・バレたか。でもな、練習試合がもうすぐ始まるのはマジだぜ。」
「あっ、ホントだ。・・・もう、このことはそのうち聞かせてもらいますからね!」
「へいへい。」
意外と執念深い主人公。
「それはそうとして・・・切原さん、特訓、ありがとうございました!」
「へへっ、なーんか照れるぜ、こーゆーのはよ。」
頭ポンポンの方がよっぽど照れますよ!!(≧∇≦)
「まぁ、いいや。とにかく特訓の成果、しっかりと見せてくれよな!」
「はいっ、任せてください!」

練習試合。地味’sと対戦し、勝利。

3/6。練習試合。ダビデ&サエさんと対戦。切原と組みます。
「よし、やってやるか。○○(主人公)と組むのも面白そうだしな。」
「あっ、そー言や、お前、あの噂、知ってるか?」
「あの噂って?」
「あの長ラケットの天根、氷帝の準レギュラー相手に100人斬りやったんだとよ。」
「えっ?1人であの氷帝軍団100人に勝っちゃったんですか!?」
「まっ、ホントかどうかは知らねぇけどな。」
「とにかく、この試合、絶対に勝つぜ!」
「はいっ!」

そして勝利!

夜。切原から電話。裏庭へ向かいます。

「切原さん、お待たせしました。それにしても、どうしたんですか?裏庭に来てくれだなんて・・・。」
「別に女子の部屋でもかまわなかったんだけど、静かな場所で話したくてさ。」
これはもしや、愛の告白!?(≧∇≦)
(まぁ、確かに女子の部屋は騒がしいかも・・・。)
「それで、あの・・・お話って、なんですか?」
「大したことじゃないんだけどよ、ぶっちゃけると、明日の大会、俺と組んでくんないかって相談。」
「ああ、なるほど。・・・って、かなり重要なことじゃないですか!?」
「あの、こんなこと言うとなんですけれど・・・私なんかより強い人って、結構いますよ?」
「そういうことじゃないんだよな。そりゃ、強さだけで選べば、涼香とかいるけどさぁ・・・。」
※ルドルフルートだった場合は「そりゃ、強さだけで選べば、他にもいるけどさぁ・・・。」となります。
「○○(主人公)と組んだ方が、同じプレイをするにしても、断然、楽しそうなんだよね。」
「なんと言うか、フィーリングや波長が、合うって言うのかなぁ。」

「あのー、フィーリングも波長も、似たような意味ですよ?」

ぼぼーん!主人公の冷静なツッコミが!Σ( ̄ロ ̄lll)
英語が苦手な切原が、せっかく頑張って言ってくれたのに・・・(> <)。
「まぁ、そんなことはどうでもいいじゃん。」
(どうでもいいんだ・・・。)
主人公、あまり突っ込まないであげて!(> <)
「それより、俺とペアを組む気あるのか、返事を聞かせてくれよ。」
「切原さんが、本気で言ってるのでしたら・・・。」
「つまり、OKってことだよな?」
確認するように聞いてくる切原に萌え!\(>▽<)/
「はい!試合で切原さんのいいところ、いっぱい学ばせてもらいますよ。」
「おうっ、ジャンジャン学んじゃってくれよ。」
嬉しそうな切原。私も嬉しい(*^^*)v
「そんなこと言っちゃって、関東大会で対戦するときになって後悔しても知りませんよー?」
主人公、強気です。
「おっ、言ってくれるじゃんか。とんな自信家さんだなぁ〜。」
何だその甘い言い方は!!(≧∇≦)
「えへへ・・・。」
「んじゃ、明日の大会は最速試合記録の更新ラッシュと行こうぜ!俺たちなら軽いだろ?」
「はいっ!頑張りますね!」

3/7。Jr選抜当日。
「ついにこの日がやって来たな。Jr.選抜トーナメント・・・。」
「どーだよ、この雰囲気。昨日までの練習試合のときとは比べモノにならねぇだろ。」
「はい。団体戦の大会の雰囲気とも違いますね・・・。」
「みんなの神経のピリピリ感があちこちから飛んで来るって感じです。」
「ピリつくのも当然だぜ。パートナー以外はみんな敵なんだからな。」
「これが個人戦・・・。・・・たとえ同じ学校の人でも、倒すべき敵なんですね。」
「・・・いいか、○○(主人公)。俺たちは、ここを勝ち上がって、No.1になってやるんだ!」
「しっかりついて来いよ。」
「はいっ、頑張ります!」

決勝戦のお相手は、リョーマ&那美ペア。勝利。優勝です。
「やったーっ!優勝だぜっ!」
「はいっ!私たち、本当に優勝したんですねっ!」
「これって、夢じゃないですよね!?」
「あったりまえだろ。こんなリアルな夢があるもんかよ!」
「そうですよね!」
「こんなに苦しくて、それでいてこんなに気持ちいいことが夢である訳、ありませんよね!」
「○○(主人公)のおかげで、すげぇ楽しい試合が出来たぜ!」
「ありがとな、○○(主人公)!」
「あはは・・・。なんだか照れちゃうなぁ。」
「でも、私がここまで来ることが出来たのは、切原さんのおかげだと思います。」
「本当にありがとうございました!」
これはパーフェクトの時とほとんど同じです。

そしてED。
「○○(主人公)と組んだ今日の試合、すっげぇ楽しかったぜ。」
「私も、楽しかったですよ、とっても!」
「でも、お前の弱点、けっこう見つけちまったんだよな。」
「まぁ、キャリアが1年にも満たないんだから、当然っちゃあ、当然だけどよ。」
「そうですよね・・・。まだまだ克服しなくちゃいけない点がいっぱいありますよね。」
「けど、俺なら充分カバーしてやれるぜ。」
「でも、切原さんとは学校が・・・。」
「確かに公式の大会は来年の選抜までお預けだけどよ、休日に俺の通うテニスクラブとかで組めるだろ?」
「神奈川と東京ってったって、天の川ほどの距離がある訳じゃねぇんだしな。」
「そうですね。わかりました!一緒に練習して行きましょう。」
「で、来年の選抜でV2達成と行こうぜ!」

本当は出来る奴ルート切原EDでした!
切原は優しかった・・・というか、楽しかったです(笑)。
ノリが同じというか、波長が合うというか・・・。主人公が強くて、切原が可愛かったv
相手が切原だと、主人公も突っ込みが冴えるようです。
「頭ポンポン」は萌えでしたv(≧∇≦)


2005/10/14


R&Dトップへ戻る