テニスの王子様 RUSH&DREAM! プレイ日記

不二ED(ムラっ気)
次はムラっ気でいってみます!練習サボって無敗をキープするぞ!

3/2。練習試合。南&吉川と対戦。
「相手はデータテニス。ボクたちにとって一番やりやすい相手だね。」
「えっ、そうですか?」
私もビックリ。データテニスは苦手だよ・・・(;´д`)。
「だって、簡単にはデータ採らせたりしないもの。そうじゃない?」
さすが不二。余裕の発言です。
(うーん、私はともかく、確かに不二先輩のデータなんて誰にも採れない気がする・・・。)

そして勝利。
データが採れても勝てないと意味がないと調子に乗る主人公。
「それはどうかな。」
「なにがですか?だって、勝ったじゃないですか!」
「それに、先輩、簡単にデータなんか採れるはずないって・・・。」
「そうかもしれない。今までは、ね。」
「えっ、今までは?」
「ボクたちのダブルスはまだまだ発展途上・・・。」
「慢心して、ここで成長を止めたらいつかは彼らに丸裸にされるだろうね。」
丸裸って!!\(>▽<)/
「・・・・・・。」
「まだまだ成長出来るよ、ボクたちなら。」
「はい!頑張ります!」

3/3。練習試合。宍戸&鳳と対戦。
「相手はお前か。よろしくな。」
「よろしくお願いします!」
「こちらこそ。対戦するのは初めてだね。」
「鳳さんのサーブのすごさはいろいろと聞いてますけど、勝たせてもらいますよ。」
「・・・俺はサーブだけかぁ?」
鳳に怒られた!\(>▽<)/
「言わせとけよ、長太郎。」
「そうやって相手を見くびってんのが命取りだってわかってねぇんだ。」
珍しく宍戸がフォロー役に回ってます。
「あ、いえ、そういう訳じゃ・・・。」
「それに、俺のライジングのことも忘れてもらっちゃ困るぜ?」
「ええ、もちろんです。全力で行かせてもらいます!」
「そう簡単には勝たせないよ。」
パートナーはもちろん不二とv
「相手は氷帝のダブルスペアか。やっかいだね。」
「理想のペアって呼ばれてるくらいですからね。」
えっ、そうだったの!?Σ( ̄ロ ̄lll)
「付け焼刃のプレイじゃ通用しないかも・・・。」
「確かにそうかもしれない。でも・・・。」
「ダブルスの経験は積んできたはずだよ?ボクたちはボクたちなりの、ね。」

「ボクを信じて。ボクもキミのことを信じてる。」

不二――――!!!(≧∇≦)
「不二先輩・・・頑張りましょう!」
練習試合なのに、こんなに熱くなれるとは・・・(*^^*)v

1ゲームリードされたところで、鳳&宍戸のツーショットCG登場!
「はぁ、はぁ、はぁ・・・。(さっきのゲームでペースが握れると思ったのに・・・。)」
(『理想のペア』って言われてるのがよくわかるよ。宍戸さんたちに、油断や驕りは微塵もない。)
(追いつけても、追い越せない。そんな焦りがミスを生む・・・。私の精神力って、こんな物なの?)
(強い・・・。いったい、このペアの強さはどっから来るんだろ?)
それはやはり、でしょう!(≧∇≦)
「悪ぃが、精神力や執念にゃ限界があんだよ!」
「残念だったな、○○(主人公)は、もう終わりだ!」
ここで不二登場!(いえ、もともといましたが・・・)
「クスッ、○○(主人公)、終わってるの?」
「冗談じゃありません!山で生まれ育って、青学テニス部で鍛えられてるんです。」
「あと、20ゲームは行けます!」
「じゃ、次のゲームは絶対に取るよ。いいね?」
「はいっ!!」
向こうが愛でくるならば、こちらも愛のパワーで対抗です!
しかし、鳳・・・。宍戸と組んだら全然アウト出さないよ・・・。
私と組んだ時はアウト連発だったくせに・・・(-_-;)。

そして勝利!
「やられたな。見くびってたのはこっちだったか。」
「でも、いい試合ができましたね。宍戸さん。」
「○○(主人公)さん。次の対戦も楽しみだよ。次は負けないけどね。」
「いえ、次だって勝たせませんよ!」
やはり鳳は紳士でした(*^^*)v

「今日の試合、なかなかいい感じだったよね〜。うんうん。」
「合宿で強くなったのかなぁ。ていうか、もともと強い?私ってすごーい。」
あわわ。主人公、調子に乗りまくってます(;´д`)。
ここでサエさん登場。
「喜んでばかりでいいのかな。いまの試合の結果に、そんなに満足なのかい?」
「なんですか、佐伯さんってば。私たちが勝っちゃったのがそんなに羨ましいんですか?」
あわわ。サエさんに向かって何てことを・・・!!(;´д`)
「大丈夫ですよ〜。次の機会には佐伯さんとペアを組んであげますから。」
主人公、何様!?Σ( ̄ロ ̄lll)

「ペアを組んであげる?・・・それってどういう意味かな。」

さすがにサエさんも、カチンときたようです。
「私とペアを組めば、選抜の合宿でもちゃーんと勝てるってことですよ。私の活躍で勝たせて・・・。」
「いつまでも今日の結果にこだわっているのは、この選抜の中では、キミくらいだってことだよ。」
「みんなはそんなことより、明日強くなるためにどうすべきか、その方法を探し始めているのに。」
サエさんに怒られた!あの優しい爽やかサエさんが怒ってます。本気です。
「私だってそれくらいわかってますよ。」
「みんなが強くなる分だけ、私も強くなればいいんですよね。簡単じゃないですか〜。」
「簡単ね・・・。そんな考えのキミが、他のみんなと同じだけの成長をするとは、俺には思えないよ。」
厳しいサエさん。こんな主人公にはもっと言ってやってください!(> <)
「どうしたんですか、佐伯さん。大丈夫ですよ。現に試合には勝ってるんですし。」
「このまま行けば次も勝てます。心配してくれるのは嬉しいんですけどね〜。」
主人公・・・(;´д`)。
「これだけ言ってもわからないか。いまのキミにはなにを言ってもムダみたいだね。」
サエさん、呆れて行っちゃいました・・・(;´д`)。
(変な佐伯さん。いいじゃない、このままでも。)
(そんなに頑張らなくても、私は私のやり方で、こうして強くなってるんだから・・・。)
あわわ。主人公がここまでおバカとは・・・(;´д`)。

夜。散歩。
(でも、今日の佐伯さんの言い方、アレってないよね・・・。)
主人公のあの発言の方がありえないよ・・・(;´д`)。
「うわっ!だ、誰っ!?」
ダビデ登場!
「天根さんか〜。も〜っ!驚かさないでください!どうしたんですか、こんな時間に。」
「サエさん、お前のこと心配してる。ちゃんと考えてあげてくれ。いっぱい、心配、今日失敗。」
「は、はい・・・。(天根さん、今日の佐伯さんとのアレ、見てたんだ・・・。)」
「ファイトだ、○○(主人公)。・・・じゃあな!」
(天根さん・・・わざわざ、それを言いに・・・。)
ビバ、ダビサエ!(≧∇≦)
(佐伯さんには自分の気持ちをわかってくれる人がいるからいいけど、私には・・・。)
何を言う!不二がいるではないか!
(ああ、もうっ!今日は部屋に帰って、寝よ、寝よ!)

3/4。昼。跡部と不二がやって来た!何て豪華なツーショット!(≧∇≦)
「この席、座らせてもらっていいかな?」
「あ、はい!どうぞ。」
どんどん座っちゃってくださいvv
(不二先輩に・・・跡部さん。珍しい組み合わせ、だよね。選抜の合宿ならでは、かな。)
「あれ?2人とも、食事は済んだんですか?」
「ああ。今は食後のコーヒーだ。」
何と優雅な!
「いい香りだね。」
「インスタントじゃなくて、挽きたての豆を使わないと、この香りは出せないよ。」
さすが不二!そんなことまで気が付くとは!
「ほう・・・さすがは不二、よくわかってるじゃねぇか。」
「俺もコーヒーにはうるさい方だが、これならば及第点だな。」
挽きたてのコーヒーやら、昼食にロースビーフ定食やら、何て贅沢な合宿所なんだ!Σ( ̄ロ ̄lll)
「へぇ・・・。」
ここで三択。
「ゆっくりコーヒーが飲みたいですね。」を選びます。
「ゆっくりコーヒーが飲みたいですね。合宿所の昼休みじゃなくて。」
「そうだね。じゃあ、今度、学校の近くの喫茶店に連れてってあげるよ。」
「小さいけど、雰囲気のあるいい喫茶店なんだ。」
やった!不二からのデートのお誘いだ!\(>▽<)/
「いいんですか?ぜひ、お願いします。約束ですよ!」
(というお洒落な話をふたりとした。ちょっぴり大人の世界って感じで楽しかったなぁ。)
大人の世界って・・・(^_^;)。

→「いい合宿所ですよね。」を選択した場合。
「まぁ、そうだな。」(跡部)

→「よくわからないです。」を選択した場合。
「フン・・・。まぁ、仕方ねぇな。」
主人公、お子様ですから・・・(^_^;)。
「少し気をつけるようにすれば、きっと違いに気付くようになると思うよ。」
「なるほど。」


※会話には2パターンあるようです。音楽の話題の場合もあり。
「それにしても、珍しい組み合わせですよね?」
「ああ。ちょっと音楽の話題で盛り上がってな。」
「音楽?最新のヒット曲とかですか?」
「ちょっと違うかな。ボクはジャズやクラシックをレコードで聞くのが好きでね。」
「跡部の家にもクラシックのレコードがかなりあるらしくて、その話をしてたんだよ。」
何だそりゃ!中学生の会話じゃないよ!!Σ( ̄ロ ̄lll)
「へぇ・・・レコードですか?CDじゃなくて?」
「CDは便利だが、本当にいい音を聞きたいなら、レコードだ。」
「上下の音域や豊かな音の広がり、包み込むような滑らかさ・・・聞く者が聞けば違いは歴然だ。」
熱く語る跡部様。本当、多趣味な人だねぇ・・・。
「へぇ・・・。クラシックってどんなのですか?」
「そうだね・・・。ボクはモーツァルトとかショパンが好きかな。」
さすが不二v優雅な感じです(*^^*)
「俺が聞くのは、ワーグナーやベートーベンが多いな。」
やはり跡部は壮大な感じかな。
「へぇ、跡部らしいね。」
ここで三択。
「私も聞いてみたいです。」を選択した場合。
「そうだね。じゃあ、機会があったら、ボクの部屋においでよ。」
何と!不二からお部屋デートの約束だ!!\(>▽<)/
「レコードの音、1度聞いたらきっと病み付きになると思うよ。」
「いいんですか?じゃあ、機会があったら、ぜひ!」
絶対行きます!!(*^^*)

→「いい曲ですよね。」を選択した場合。
「まぁ、そうだな。」(跡部)
というお洒落な会話を楽しみました。
・・・私にはついていけない・・・(^_^;)。

→「よくわからないです。」を選択した場合。
「フン・・・。まぁ、仕方ねぇな。」
「一度聞いてみるといいよ。そうすれば、きっとそのよさがわかると思うから。」
「なるほど。」


練習試合。ブン太&ジャッカルと対戦。
「お前、けっこう強いんだってな。だが、きっちり倒してやるぜ!・・・ジャッカルが。」
「おいっ、俺かよ。」
「言っときますけど、私、負ける気はないですよ。」
あわわわ。ムラッ気ルートなので、強気な主人公です(;´д`)。
「ふ〜ん、そりゃ楽しみだね。」
パートナーは不二でv
「立海大のダブルスペアか。これは強敵だね。」
「でも、こんなときこそ気負わずに自然体で行くべきですよね!」
「そうだね。キミの言うとおりだ。」
「そんな当たり前のことを忘れてたなんて、ボクも緊張してたのかな。」
「まさか!不二先輩が緊張なんて。」
「ボクだって血の通った人間だよ?」
あわわわ・・・!(;´д`)
「あ、いえ、そういう意味じゃなくて・・・。」
「クスッ、冗談。それじゃあ、お手並み拝見といこうか。」
不二に対しては普通な主人公でした。

そして勝利。
「ちょっとポカもあったけど・・・勝ったんだし、別にいいよね。これが私流のテニスなんだから。」
ここで不二登場!

「・・・負けないとわからないみたいだね。ボクと試合しようか。」

ヒィィ!!怖いよ!!(T△T)
「い、いいですよ!受けて立ちます!」

そして・・・。

「ゲームセット・・・。」
天才ルートの時と同じだ!不二の言い方が怖いです・・・(> <)。
「・・・・・・ま、負けちゃった。(しかも、こんなワンサイドのゲームになるなんて・・・!)」
(じゃあ、これまで勝ててたのは、いったい、なんなの・・・?私の力なんて、こんなもんなの?)
混乱する主人公。

「負けたよね?どうする気?」

不二が怖いよ〜!!(T△T)
「・・・・・・。」
「自分流のプレイなんて、ただのわがままだよ。逃げていたら、ダメだ。」
(不二先輩の言うとおりだ・・・。グゥの音も出ないよ。私、全然わかってなかった・・・!)

一人、水飲み場にやって来た主人公。
(あーあ。私って、もうちょっといい感じだと思ってたのに。)
(私なりのやり方なんて、結局、通用しないのかな・・・。)
(でも、だからって急にやり方を変えるなんて・・・。)
(私なりのテニス・・・。どうやったら見つけられるの?)
(あああ!わかんないよっ!どうしたらいいの!?)
ここで不二登場!
「・・・○○(主人公)、ちょっと、いい?」
「は、はい?」

というわけで、図書室に連れて来られました。
「ちょうどよかった、誰もいないね。」
不二!何をする気だ!(≧∇≦)

「うん。ふたりきりで、話したいと思って。」

不二と二人っきり・・・(*^^*)v
「はぁ・・・。」
「そんな気分じゃないって顔だね。テニスが嫌いになった?」
「嫌いになったって訳じゃありませんけど。ただ・・・。」
「ただ?」
「・・・どうしたら、私なりのテニスが見つかるのかなって。」
「それなら、簡単なことだよ。ただテニスに打ち込めばいい。」
「テニスに打ち込む?」
「うん、自分のスタイルって、見つける物じゃない。気付いたら、見つけてる物だよ。」
「青い鳥みたいな物なんですね。なら、いつ見つかってもいいように準備しとかないといけませんよね!」
「私なりのテニスっていう青い鳥が入るための鳥篭を!」
主人公、詩人です(笑)。
「少しは役に立ったかな、ボクのアドバイス。」
「ありがとうございました!!」

(見つける物じゃなくて、見つかる物、か・・・。)
(よーっし、明日からガムシャラに練習に打ち込むぞ!)
(生まれ変わった私に乞うご期待だよ、不二先輩!)
まぁ、調子に乗り過ぎないようにね・・・(^_^;)。

夜。散歩に出ると、リョーマに遭遇。
「こんなとこでなにやってるの?」
リョーマ、何だかびっくりした表情です。
「・・・別に。」
「ははぁ・・・さては、愛の告白ね!相手は那美ちゃん?それとも・・・。」
おバカ、主人公!\(>▽<)/
「バカじゃないの。・・・お前に、用があって来たの。」

「ええっ!?わ、私に愛の告白!?」

何ですと!?(≧∇≦)
「・・・本っ当にバカだね。そんなこと、ある訳ないでしょ?」
「・・・・・・。」
リョーマに呆れられてしまった・・・(^_^;)。
「スランプの不安をごまかそうとして、無理にはしゃいでたって、何も解決しないと思うけど?」
「うっ・・・。」
「スランプも不安も、吹き飛ばしたいなら、練習するしかないんじゃない?」
ここで三択。素直に「わかった。」を選択します。
「うん、わかった。」
「まったく、こんな当たり前のこと、言われないとわからないんだから世話が焼けるよね。」
リョーマがわざわざ世話を焼きに来てくれたよ!ありがとう!!\(>▽<)/

→「心配して来てくれたの?」を選択した場合。
「そうだね・・・わかった。・・・って、もしかしてリョーマ君、私のこと心配して来てくれたの?」
「さあ?」
意地悪リョーマ!素直じゃないぞ!\(>▽<)/

→「・・・で、誰に愛の告白を?」を選択した場合。
「ふう・・・無理に明るく振舞ってるだけかと思ったら、本当のバカだったんだ?」
あわわわ・・・(;´д`)。


ここで那美登場!
「あれ?こんなところでなんの話?」
愛の告白です!(*^^*)
「・・・別に。じゃ、また。」
「うん、じゃあね。」
(スランプも不安も、吹き飛ばすのは練習・・・かぁ。よーっし、やるしかないよね!)
よし!頑張るぞ!

3/5。3時。
色々考えたが、今の自分にとって一番の敵は自分を甘やかしてしまうことだと気づいた主人公。
というわけで、午後の練習をサボって自主練習しようとすると、不二がやって来た。
内容は「本当は出来る奴」と全く同じです。

練習試合。不二と組みます。地味'sと対戦し、勝利。

3/6。練習試合。サエさん&ダビデと対戦。
「キミだって不二の後輩・・・。軽く遊んであげるってワケにはいかないんだろうね。」
サエさん・・・vぜひ、遊んでくださいな!(*^^*)
「今日も俺は絶好調!ホッペも紅潮!・・・プッ。」
しかし、サエさんはつっこみません。バネさんも現れず!(> <)
「・・・あ、あれ?」
ダビデ、動揺!\(>▽<)/
「・・・あ、黒羽さんも試合前だから、ツッコミ入れに来られないんですね!」
(・・・なんてことを心配してる場合じゃないってば!)
「と、とにかく、全力で行きますから。見ててください!」
というわけで、不二と組みますv
「氷帝100人斬りの天根と佐伯が相手か・・・。」
「楽な相手じゃないけど、キミとのペアなら心強いよ。」
「はい、私もです。」
(よーっし、最後はバッチリ決めるぞ!)

→親密度が低い場合。
「氷帝100人斬りの天根と佐伯が相手か・・・。」
「そういえば、不二先輩は六角とは何回も対戦してるんですよね。」
「あぁ、昨年の大会や新人戦、何度も顔を合わせているよ。」
「じゃあ、相手の対策とかはバッチリですよね!」
「どうだろう・・・。」
「まぁ、キミとのペアならいい試合が出来そうだけど。」


そして勝利!
「お前たちとまた、試合やりたい。」
「望むところです!」
「さすがは青学。女子の1年でも強いね。」

「キミが手塩にかけて育てたって感じだね、不二。」

サエさん!!!(≧∇≦)
「○○(主人公)の成長はボクの楽しみのひとつだよ。」
光源氏ですか!?
もう、いくらでもアナタ好みに成長していきますよvv(*^^*)

→練習試合に負けた場合。
「ウソ・・・。負けちゃった・・・。」
「まぁ、キミも悪くなかったよ。」
サエさん、余裕の発言です・・・(;´д`)。
「好調、好調・・・好調先生!・・・プッ。」
「ははは・・・(寒いなぁ)。」
笑ってあげる主人公が偉いです(^_^;)。
「バネさん!ちょっとタンマ!!」
「うるせぇ、このダビデがっ!いいかげんにしやがれ!!」
「・・・それでもツッコミ入れに来るんですかぁ!?(黒羽さん、自分の試合は?)」
バネさん、ダビデのツッコミに命を懸けているようです(^_^;)。

「すみません、私が足を引っ張っちゃって。」
ごめんね、不二・・・(;´д`)。
「そんなことないよ。キミは充分に成長した。」
「今日はほんの少しかみ合ってなかったけど、次は必ず勝てるよ。」
「もっと自信をもって。」
不二・・・(; ;)。


3/7。Jr.選抜。
「いよいよだね。悔いの残らないように全力で行こう。」
「はいっ!頑張ります!」
決勝戦の相手はリョーマ・那美ペア。勝利。優勝です。
「ボクが頂点に立てるなんて思ってなかった。キミのおかげだよ、○○(主人公)。」
「こちらこそ、ありがとうございました!」
(優勝かぁ・・・フロックかもしれないけど、これが私流のテニスだよね。)
どうやらここの主人公のセリフが、ルートによって違うようです。
※ちなみにフロックとは、「思わぬ幸運。まぐれ」という意味です。(Yahoo!辞書より)

帰りのバス待ち中、不二からメールでの呼び出し。コート脇に行って見ます。

「この合宿で○○(主人公)は大きく成長したけど、キミのテニスはまだまだ成長出来ると思う。」
「キミに色々アドバイスをしたい。だから、また一緒にダブルスをやりたいんだ。」
「不二先輩・・・。よろしくお願いします!」
これは「本当は出来る奴ルート」と同じです。

ムラッ気ルート・不二EDでした!
今回は不二ではなく、サエさんが厳しかった(> <)。
ルートによってキャラが忠告キャラが決まってるから仕方ないんだけど、不二狙いなのにサエさんが一生懸命で何だか気の毒だったよ・・・(^_^;)。
結構、見たことのないイベントが見られて楽しかったですv
リョーマに対しての「愛の告白?」には笑いました♪



2005/5/15

R&Dトップへ戻る