テニスの王子様 RUSH&DREAM! プレイ日記

亜久津ED(落ちこぼれ)
亜久津の落ちこぼれルートで行ってみます。意外と優しいか、やはり厳しいか、どっちかだろうなぁ。

3/1。練習試合。季楽&日吉と対戦し、敗北。
「情けねぇ。ヤツらの手にまんまと引っ掛かりやがって!ふざけんじゃねぇぞ!」
怒られちゃった(> <)。
「ごめんなさい、亜久津さん。私が足を引っ張ったせいで・・・。」
「うるせぇ!どっちが原因で負けたかなんて聞きたかねぇんだよ!」
「いいか、こいつぁもうケンカだ!この借り、合宿中に絶対に返してやるぜ。忘れんじゃねぇぞ!」
ケンカって何!?Σ( ̄ロ ̄lll)
それにこの借り返すって言っても、季楽&日吉ペアと対戦する機会はもうないのですが・・・。
「はい!忘れません!今日の悔しさは、50倍にして返してやりましょう!」
(すっごい燃えてきた!よーっし、頑張るぞーっ!絶対、このままで終わるもんか!)

3/2。練習試合。吉川&南と対戦し、敗北。
「ダブルスの戦い方・・・。私、ダブルスをなめてたんでしょうか?」
「ちっ、フォローが足りなかったか?だが、くよくよする必要はねぇ。次に勝ちゃあいいんだ。」
亜久津が優しい!(*^^*)
「は、はいっ!私、もっと頑張ります!」
(次は・・・絶対に勝つ!二度とおんなじ失敗なんてしないんだから!)

3/3。練習試合。宍戸&鳳と対戦。亜久津と組みます。
「亜久津さん!パートナーになってくださいっ!」
「うるせぇ・・・。んな大声出さなくても聞こえてんだから静かにしろっ。」
「ご、ごめんなさい・・・。」
怒られちゃった(> <)。
「あ、今日の対戦相手なんですけど、理想のペアって評判の高い氷帝の宍戸さんと鳳さんなんです。」
「なにか、試合前のアドバイスとか、データとか・・・は、ないですよね?」
主人公、亜久津に何を期待しているのだ・・・(^_^;)。
「あ゛、データだぁ?・・・そう言や、合宿所に俺宛てに太一からメモが送られて来たな。」
でかした、太一!
「なになに、『鳳さんは強烈なスカッドサーブの持ち主です。サービスゲームは要注意です。』」
ふむふむ。
「・・・・・・。」
あれ?亜久津の声が止まったぞ?
「あーっ、やぶくなんてひどい!」
「関係ねぇよ。どんなサーブだろうと俺に打ち返せねぇハズがねぇ。それを証明してやるぜ。」

ここで二択。何でこんなところで!?(笑)
「メモを拾う」を選びます。
「あ゛?なにやってんだ、テメェ。」
「太一君が亜久津さんのために集めた情報をムゲにするわけにはいきませんよ。」
主人公、よく言った!(*^^*)
「えーっと、なになに、『宍戸さんは鋭く反応してカウンターを狙ってきます。』」
「『コートを広くカバーできる、宍戸さんの脚力は甘く見ない方が・・・』わぷ。」
「わぷ」って何!?Σ( ̄ロ ̄lll)
「なんですか、亜久津さんってば。まだ説明の途中ですけどー?」
「もういい。あとは試合の中で確かめてやる。」

→「メモをゴミ箱に捨てる」を選んだ場合。
「あ゛?なにやってんだ、テメェ。」
「やぶいた紙はゴミ箱へ捨てなくちゃダメじゃないですか!」
ごめんね、太一(> <)。
「・・・誰に命令してんだ?」
「亜久津さんのお母さんになり代わって、亜久津さんに常識を叩き込んでるんです。」
主人公!\(>▽<)/
「けっ。」


「とにかく、試合、よろしくお願いしますね。」
「ああ、まかせろ。テメェこそ、俺の足、引っ張んじゃねぇぞ。」
「はいっ!!」

1ゲームリードされたところで、宍戸&鳳のCG登場!
「残念だったな、○○(主人公)は、もう終わりだ!」
「おい、○○(主人公)はもう終わってるらしいぜ。」
「冗談じゃありません!山で生まれ育って、青学テニス部で鍛えられてるんです。」
「あと、20ゲームは行けます!」
「上等だ。じゃあ、次のゲーム、絶対に取るぜ。いいな!?」
「はいっ!!」

しかし、敗北。落ちこぼれルートに入ります。
落ち込む主人公を慰めに来たのは樺地でした。

3/4。練習試合。ブン太&ジャッカルと対戦し、敗北。
これが自分の限界だと落ち込む主人公。
(練習しても・・・もう無意味だよね。・・・なんか、やる気がしないよ。はぁ・・・もう、いいや。)
ここで亜久津登場!
「なにしてんだ、テメェ。さっきから練習もしねぇでボケーッとしやがって。」
「亜久津さんはいいですね・・・。そんな恵まれた身体をしてれば、これからも上手くなりますもんね。」
主人公がイヤミを言っている!?Σ( ̄ロ ̄lll)
「あ゛?なに言ってんだ?ふざけたこと抜かすと、ただじゃおかねぇぞ、おい。」
「別に、ふざけてなんかいませんよ。自分との違いをかみしめてるだけです。」
主人公・・・嫌な子になっちゃいました(> <)。
「上等じゃねぇか、コノヤロウ・・・。おいっ、コートに来いっ!そのふざけた根性、ぶっ潰す!」
亜久津!こんな主人公は懲らしめてやりなさい!
「や、やめてくださいっ。そんなっ!いたたた・・・。手を引っ張らないでってばっ!」

そして・・・。

「あ、危ないじゃないですか!さっきから私のこと狙ってませんかっ!?」
「知らねぇな。そら、次、行くぜっ。・・・ハァッ!!」
「クゥッ・・・。いったぁ・・・!なにするんですかっ!」
やはり狙われているようです。
「ボーっとしてっからだぜ。悔しかったら返してみろ。ま、いまのお前じゃ無理かもな!」
「いたっ。・・・もー、あったま来た。許さないんだから、亜久津さん!・・・てやっ!」
主人公、売られたケンカは買っちゃうよ。
「ヘヘッ、面白くなって来たな。どんどん返して来いよ!オラオラオラァッ!」
「調子に乗らないでください!こんなボール・・・全部返してみせるんだから!」

そして・・・。

「ハァハァハァ・・・。どうですか、亜久津さん。もう、終わりですか・・・。」
「今日のところはこれでカンベンしてやらぁ。いいか、2度と限界なんてホザくんじゃねぇぞ。」
「え・・・?亜久津さん、もしかして私を励ますつもりで練習に誘ったんですか・・・?」
誘ったというか、無理矢理引っ張ってこられたのですが・・・(^_^;)。

「バーカ。手間掛けさせんなよな。ウジウジ悩んでんのはテメェには似合わねぇんだからよ。」

亜久津!!(≧∇≦)
「・・・はい。心配してくれてありがとうございます。亜久津さん!」

(優しい言葉じゃなくてスパルタで励ますなんて亜久津さんらしいよね。)
(確かに悩んだからって私の問題は解決しないよね。悩む前に、身体を動かさないと!)
(でも・・・今日ぶつけられた借りはいつか、ちゃーんと返すんだから。覚悟してなさいよ、亜久津さん!)
密かに復讐を誓う主人公でした。

3/5。練習試合。地味’sと対戦し、敗北。
「負けちまったか・・・。だが、お前のテニスは悪くなかったぜ。」
「亜久津さん・・・。そうですね。気分はむしろいいぐらいです。」
「そいつは全力出し切った証拠だ。大会もこの調子でやりな。・・・ただし、今度は勝つぜ。」
「はい。大会で勝てるように、明日も頑張ります!」

3/6。練習試合。ダビデ&サエさんと対戦し、敗北。
「・・・無理だったか。それほど実力に差はねぇと思ったんだがな・・・。まぁ、気にすんな。」
亜久津、優しいvv(*^^*)
「そうですね。もう、ここまで来たら明日の大会はやれるだけやる、それだけですよ。」
「ったりめーだ。これでも少しは期待してんだぜ。明日はせいぜい頑張れや。いいな?」
「はい。明日は精一杯、頑張らなくちゃ。見ててくださいね、亜久津さん。」

3/7。Jr.選抜当日。リョーマ&那美と対戦し、敗北。
「仕方ねぇか。ここまで来ただけでもよしとしてやらぁ!お前もいつまでも悔しがってんじゃねー!」
「はい、亜久津さん!今日は私と組んでくれてありがとうございました!」

落ちこぼれルート亜久津EDでした!
いじけている主人公をスパルタで励ますのが亜久津らしかったですv


2006/8/3

R&Dトップへ戻る