〜や行〜


げ〜むれびゅうへ
あ行   か行   さ行   た行   な行   は行   ま行   や行   ら行





悠久幻想曲  SS・PS:育成SLG+友情AVG
全体的にほのぼのした雰囲気がいいです。絵柄は、好き嫌い分かれそうだけど、私は好き。
ゲームは仕事(スケジュール画面で決定)→会話→イベントのような感じで進んでいきます。日曜にはキャラと遊びに出ることも。といってもデートのようなものではないので、恋愛要素は低いです。主人公を含む各キャラにパラメータがあって、それが日頃の仕事や休日の過ごし方によって変化し、イベントやEDにも影響してきます。イベントの中にはスゴロク形式のものがあり、しかも重要な(EDに関わってくる)ものが多いので、ルーレットの目押しが出来ない私には辛かったです。何度もロードしてやり直し・・・。

1プレイにそれほど時間はかからないので、結構気軽にプレイ出来ました。キャラも多く、繰り返しプレイも楽しめるかと。ただ、脇キャラがえらく雑というか、お粗末だったのが残念。使いまわしも多いし。
話自体は好きです。ほのぼの系。恋愛というより、友情ゲームといった感じ。好みは分かれそう。好きな人は好きだけど、苦手な人は駄目かも。SS版とPS版で微妙にイベントが違うものがあると聞き、私は両方買いました。

<お気に入りキャラ>
アレフ:主人公の悪友。軟派で女の子好き。好青年でかっこいいので好き。主人公が女の子だったらなぁ。
エル:クールビューティ。
シーラ:お嬢様。とにかく可愛い。外見が一番好みです。
「悠久交差点」・・・大辞典やSS、攻略データなど、たくさんのコンテンツがあります。

▲上へ


悠久幻想曲 2nd AlbumSS・PS:育成SLG+友情AVG
悠久幻想曲の続編。舞台は前作と同じエンフィールド。

前作でさんざん主人公を追いまわしてくれたアルベルトとの同僚になるのが何とも奇妙な感じです(笑)。でも今回の主人公は前作主人公とは別人なので、それもまた良し。キャラクターも、前作のサブキャラが今回メインになり、前作のメインキャラがサブキャラになっているのが良かったです。

システムは前作と同じような感じ。今回はストーリー性が強い気がします。絵は、前作に比べて良くなってると思う。これもPS版、SS版両方買いました。

<お気に入りキャラ>
アルベルト:前作ではやな奴と思ったけど、こちらの立場で見るといい感じ。立場が違うとこうなるのかなと考えさせられた。
ルー:クールビューティ。かっこいい。天才。
イヴ:クールで美人。あそこまで棒読みだと突っ込む気にもならないなぁ。彼女の秘密にはびっくり。
由羅:大人の女性。美人。
クレア:アルベルトの妹。サブだと思ってたのにEDがあったので嬉しい。
「悠久交差点」・・・大辞典やSS、攻略データなど、たくさんのコンテンツがあります。

▲上へ


悠久幻想曲 ensembleSS・PS:悠久ファンディスク
悠久幻想曲のファンディスク。未発表シナリオ、サイドストーリー、ギャラリー、大武闘会などが収録。
大武闘会で手にした賞金でアイテム(イラスト、おまけADV、キャラクターボイスなど)を買って集めていきます。(裏技を使えばすぐにお金は貯まりますが・・・(汗))

ファンには結構嬉しいソフトだと思うけど、もう少し何か欲しかった。ちょっと物足りなさを感じました。値段のことを考えるとこんなものなのかな・・・。
「悠久交差点」・・・商品リストと購入条件のデータがあります。

▲上へ


悠久幻想曲 ensemble2SS・PS:悠久2ファンディスク
悠久幻想曲2のファンディスク。システムはensembleと同じような感じだけど、それに新しくキャラクターの育成モードが追加されたり、武闘会も4つのモードができるようになってパワーアップしました。

キャラクター育成は、すごろくモードで話が進むんだけど、結構楽しかったです。なかなか思い通りにいかないんだけど・・・。これもやっぱり本編のファンには嬉しいと思います。前回よりパワーアップしてて良かったけど、欲を言えばやっぱりちょっと物足りなかった感じ。
「悠久交差点」・・・商品リストと購入条件のデータがあります。

▲上へ


悠久幻想曲3 パーペチュアルブルーPS・DC:育成SLG
悠久幻想曲の続編・・・ではないです。
「架空のファンタジー世界を舞台に仲間たちと日々起こる事件を解決することで、仲間たちとの絆を深めていく・・・という日常をテーマにした育成SLG。」(ゲームパッケージより)テーマは「チームワーク」。

悠久幻想曲シリーズではあるけど、前の2作とはキャラもシステムも世界観もガラリと変化。ADV部分よりも育成がメインになった感じ。育成も今までのコマンド入力ではなく、リアルタイムで進行し、主人公以外のキャラも自分で考えて行動するようになりました。
メインストーリーもADV部分の選択次第で分岐。育成の成果が戦闘に如実に反映し、EDにも影響してきます。キャラによっては全然訓練しなかったり、逆に体力が残ってないのに無理して頑張ってみたりするので育成が大変。これはシリーズのファンの中でも賛否が分かれたところではないかと。私は、もっとADV中心でやって欲しかったです。

リアルタイムで育成になるので、総プレイ時間がとても長いです。育成も大変。自分も訓練しないといけないし、仲間にもいろいろ指導して回らないといけないし。それに訓練中にイベントで戦闘があったりすると、体力が訓練で消耗したままの状態で戦わないといけないのが厳しかった。今回戦闘の難易度が高かったにも関わらず、キャラクターEDを見るためには戦闘結果が影響してくるので辛いです。目当てのキャラだけでなく他のキャラとの信頼度もある程度上げておかないといけないので大変。

キャラごとのイベントはかなり多く、ストーリーもなかなか良かったと思います。キャラEDは、女性キャラとのEDは結構ラブラブなものもあって良かったです。(←今までは友情メインな感じだったので。)

世界観やストーリーは好きだけど、育成や戦闘のシステムをもうちょっと考慮して欲しかった・・・。その点だけ除けば、とても好きなゲーム。プレイ時間がかかりすぎて、3人(バーシア、フローネ、ゼファー)しかクリアしてません。

<お気に入りキャラ>
バーシア:大人の女性。ちょっとがさつだけど、それもいい。EDではかわいい。
フローネ:かわいい。オカルトマニア。EDの彼女とルシードのやりとりが好き!
ゼファー:しっかりしてそうでちょっとおかしなところが面白い。
「パンドラの箱」・・・魔法一覧、育成攻略法などがあります。ボス戦攻略は必見。

▲上へ


悠久組曲 All Star ProjectPS:悠久シリーズパラレル学園AVG
悠久組曲 All Star Project

悠久シリーズ最後のソフト。今までのキャラが全員集合し、課せられたミッションをクリアしながら学園生活を送っていくパラレルワールドのようなゲーム。

ミッションはすごろく形式。それぞれにキャラの設定やストーリーがあって面白い。学園モードで仲間たちと交換したアイテムを活用しながらミッションをクリアしていく。
ファンディスクとは違うような気もするけど、やっぱりシリーズのファン向けかな。登場キャラが多いので、個々のキャライベントは薄いです。EDもあっさりしてるし。ちょっとした会話と1枚絵だけなんて寂しい・・・。

プレイヤーキャラが選べるのだけど、選んだキャラによってイベント等に特別な変化があるわけでもないのが残念。相変わらずルーレットの目押しが重要なので、苦手な自分には厳しかったです。CG(moo氏原画分)がきれいだったのは嬉しかった。
「悠久書店」・・・アイテム一覧、ミッション一覧など、コンテンツが豊富にあります。

▲上へ




あ行   か行   さ行   た行   な行   は行   ま行   や行   ら行


げ〜むれびゅうへ