ドキドキサバイバル 海辺のSecret プレイ日記

千石ED(7/28〜29)
お次は千石で行ってみます。
学プリでは本命の前ではダメダメになってしまうという情けない一面(でもそこが萌えv)を見せてくれたけど、今回はどうなのかな?

7/28。
16時。広場にて。
「やあ、○○(主人公)さん。俺に会いに来てくれたの?」
さすが千石。いきなりそれですか(笑)。
どこに行こうかと聞かれたので、食堂はどうかと提案します。
「うん、いいね。じゃ、食堂に行こう」
「はい。何か使える物があるといいですね」
「うんうん。使える物が……えっ?」
「えっ」って何だ!?\(>▽<)/
「食堂、調べるんですよね?」
「え?あっ、う、うん。そうだね。ちゃんと調べないとね。ハハ……」
デートのつもりだったんだろうか・・・(^_^;)。
食堂を調べます。
「うん、何もないね。時間が余っちゃったな。しょうがないから……」
やる気がないぞ、千石!\(>▽<)/
ここで主人公が浄水器を見つけました。
「それじゃ、時間も余った事だし、二人でちょっと……」
「跡部さんの所に報告に行きましょう!」
「え?あ、そ、そうだね。報告に行こうか……はぁ……」
アプローチに気付かれず、ことごとくスルーされる千石が素敵です(笑)。

20時。管理小屋にて。
「あの……」
「やあ、○○(主人公)さん。ちょっと不安?」
つぐみの事をどう慰めたらいいのかわからないと相談します。
「ああ、小日向さんの事だね。俺ならいつも通り接するよ。変に意識してもお互いぎこちないだけだしね」
千石が真面目にアドバイスしてくれたよ(*^^*)
主人公の元気がつぐみを元気付けるきっかけになるんじゃないかと言ってくれました。
「そうでしょうか」
「そうだよ。キミのそんな不安そうな顔を見ていると俺まで元気がなくなっちゃうからね」
自分がつぐみの元気の素になろうと思う主人公でした。

7/29。
10時。管理小屋にて。
「千石さん!」
「やあ、○○(主人公)さん。キミから声を掛けてくれるなんてラッキーだなぁ」
主人公に重要な用事があると言う千石。

「デートしようよ」

この人は〜!\(>▽<)/
「あはは、冗談ばっかり」
「わ、笑わなくてもいいんじゃない?」
哀れ、千石・・・(^_^;)。
「え?あの……もしかして本気だったんですか?」
「うん。俺はいつでも本気だよ」
どこまで本気なのやら・・・。
「ご、ごめんなさい!」
「えっ?」
「いきなり笑ったりして……千石さんは真面目にデートを申し込んでくれたのに……」
「え……あ、いや、まあ、その……そこまで真剣に取られても困るというか、何というか」
動揺する千石がおかしい(笑)。
「わかりました。デートしましょう」
「え?いいの?」
千石のテンションが上がったよ。
「はい。折角のお誘いですから。それで、どこへ行きましょう」
「あー……えーと、そうだね。海岸でも散歩しようか」
というわけで、デートですv

砂浜にて。
デートでは何をすればいいのか尋ねる主人公。
「私、デートするのって初めてなので、何をどうしたらいいのか教えて欲しいです」
「あ……あー、そうだなぁ。普通に楽しくしゃべってればいいんじゃないかな」
さすがの千石も何か調子が狂っているようです。
とりあえず、どうして自分をデートに誘ってくれるのか聞いてみます。
「どうしてって……そりゃ、キミみたいに可愛い子がいるならデートに誘わないと失礼だろ」
またまたこの人は!\(>▽<)/
「あはは、お上手ですね、千石さん」
「いや、お世辞じゃないんだけど……ま、いっか。キミって、ちょっと変わってるよね」
「あはは、よく言われます」
「笑うと可愛いしね」
「もう、おだてたって何も……あ、そうだ。飴がありました。食べますか?」
飴が出てきたよ(笑)!
「いや、別に飴が欲しくて褒めた訳じゃないんだけど……ま、いいか。ありがとう」
「なるほど、こうやって楽しくおしゃべりするのがデートなんですね」
「間違っちゃいないんだけど……何だか微妙に違和感があるなぁ」
ペースを狂わされっぱなしの千石でした。頑張れ!!

10時30分。千石がいないのでブン太と会話。

11時。管理小屋にて。
「千石さん。こんにちは」
「やあ、○○(主人公)さん。そういえば、キミとは船の上で初めて会ったんだよね」
「そうですね。あの時は、まさかこんな目に遭うとは思ってもいなかったですけどね」
「船が座礁した時はどうしていたんだい?」
「あの時は……そう!佐伯さんと黒羽さんが助けに来てくれました」
あの時のサエさん、カッコよかったなぁv(*^^*)
「何だ、いいトコ取られちゃったなぁ。佐伯くんと黒羽くんもカッコいいからなぁ」
「千石さんもカッコいいですよ」
主人公、言っちゃった!(≧∇≦)
「ありがとう。じゃあ、今度二人で遊びに行こうよ」
さすが千石。ちゃっかりデートに誘ってます(笑)。
「何でそうなるんですか」
「俺のカッコいい所も見てもらわないとね」
「真面目に作業してる千石さんがカッコいいと思いますよ。だから頑張ってくださいね」
主人公の方が一枚上手でした。
「うまいなぁ、○○(主人公)さん。じゃあ、頑張って作業でもしようかな」
「はい」

ここでキーワード「テニス」発動!
千石はどんなテニスをするのか尋ねます。
「プレイスタイルの事?それだったら俺はオールラウンダーだよ」
「万能って事ですか?」
「うん、一応は一通りこなせるからね」
「何かこれなら負けないっていう特技、千石さんなら持ってそうな気がするんですけど」
それは動体視力だと言う千石。
どんなスピードボールでも、千石にはコマ送りみたいに見えるらしい。
「へぇ、どんなに速いボールでも打ち返せるって事は、無敵ですね」
「それがね〜、体力がそれに付いてこない時があってね」
見えていても対応できないことがあるから、もっと鍛えないといけないらしい。
頑張れ、千石!

11時30分。亜久津と会話。
「亜久津さん!」
「…………」
返事がないよ。
「亜久津さんってば!」
「うるせぇな。無視してんだ。わからねぇのか」
何てそっけない!でもそんなところも素敵!(*^^*)
千石の趣味を尋ねます。
「バカか、お前は。アイツの言動見てりゃわかるだろうが」
「と言うと?」
「アイツ、いつも占いの本ばっか読んでるの、見た事ねぇのか?」
だって、まだ出会ってから間もないんだもの(> <)。
キーワード「千石:占い」をGET!
「この程度の事、いちいち聞きにくんじゃねぇ」
それでも教えてくれる亜久津は優しいv

14時。南・千石・裕太・ダビデ・亜久津と磯釣り。
主人公はシマアジを釣りました。

15時。浜辺にて。
「千石さん、何か不自由していることありますか?」
「やあ、○○(主人公)さん。キミの方こそ何か不自由してない?」
千石が心配してくれている(*^^*)
「今は特にないですよ」
「そう、なら良かった。そういえば小日向さんの調子はどう?」
「あ、千石さんもつぐみに会いに行ってくれたんですね。皆さんに気を遣ってもらったお蔭で、つぐみも大分、元気になりましたよ」
「それは良かった。キミも元気になった様だしね。じゃあ、これからデートしない?」
結局はそれですか!?\(>▽<)/
「あはは、それはまた今度で」
「軽く流すなぁ……」
頑張れ、千石!(> <)

ここでキーワード「占い」発動!
占いは見るのも自分でやるのも好きだと言う千石。
簡単なのはトランプ占いだそうです。
「一番簡単なのは、シャッフルして一枚適当に抜いたカードで占う方法かなぁ。タロットと一緒で、トランプ一枚一枚にもそれぞれ意味があるからね」
元々トランプはタロットから出来たものだと言われているらしい。
「流石千石さん。占いに関しては詳しいですね」
「ハハ、好きだからね」

15時30分。南と会話。
千石の得意技を尋ねます。
「だったら、虎砲だな」
キーワード「千石:虎砲」をGET!
トスを高くあげて高い打点からセンターに打ち下ろす高速サーブだと説明してくれました。
「かなり派手な技だぞ」
「うらやましそうですね、南さん」
南は地味だからなぁ・・・(^_^;)。

16時。管理小屋にて。
「千石さ〜ん」
「やあ、○○(主人公)さん」
「千石さんって、山吹中の部長でしたっけ?」
「俺、部長に見える?」
「そうですね。見えない様な見える様な……」
実力だけなら部長レベルなんだろうけどなぁ・・・(^_^;)。
「山吹の部長は南だよ」
「あっ、そうでしたね」
「いくら南が地味だからって忘れちゃ可哀想だよ」
「すみません。不覚でした」
このことは南には内緒でお願いします(> <)。
「まあ、でも南が地味というより周りが個性的過ぎるのかもね」
「はい。皆さん派手な技とか持っていますからね。テニスの強さはやはり技ですか?」
「そんな事はないよ。技だけ磨いてもダメだよ。基礎が出来ていないと柔軟性のあるプレイが出来ないからね。南の様な誠実なプレイスタイルはお手本にしなきゃと思うよ」
千石が真面目な事を言っている!南の事を認めているようです。
「そうなんですか?」
「そうだよ。でも誠実プレイだけじゃ勝てない時もあるから、みんな独自の技を習得するんだよ」
「なるほど」
テニスに関しては真面目な千石でした。

ここでキーワード「虎砲」発動!
南に虎砲の事を聞いたと言う主人公。
「うん。俺ってさ、背がそんなに高くないだろ。サーブはやっぱり、上背があった方が有利だから」
角度が付くしスピードも早くなるらしい。千石なりに色々工夫しているようです。
「すごいですね、千石さんって」
「そ、そう?」
「はい。人知れず努力してるって感じです」
「い、いやあ、そんな事ないよ。ハハ……」
あら。照れてるのかな?(*^^*)

16時30分。亜久津と会話。
「亜久津さん、質問です!」
「帰れ」
何てそっけない!(> <)
「千石さんの好物って何ですか?」
亜久津に対してこの態度!主人公、強いです。
「人の話を聞いてねぇな、テメェは」
「聞いた事ないですか?」
会話になってない(笑)!
「チッ……何か言わねぇと、いつまでたっても居座りやがるな」
亜久津も諦めたようです。
「心当たりとか」
「うるせぇんだよ。アイツの好物はもんじゃ焼きだ」
キーワード「千石:もんじゃ焼き」をGET!

19時。浜辺にて。
「千石さん」
「ん?何だい、○○(主人公)さん」
「千石さんは星に詳しいですか?」
「そうだね、詳しい方だと思うよ」
占い好きだしねぇ。
「じゃあ、あの星何だか知ってます?」
「どれ?」
「あのすごく明るい星です」
「ああ、あれは木星だよ」
「あ、木星だったんですか」
「木星は惑星だからね。約12年周期で場所が変わるから星座には入らないよ。それに明るさも変わるしね」
千石、詳しい・・・。
「へぇ……」
「そうやって、人を惑わせる動きをするから、惑星って呼ばれているんだよ」
「あ、それでだったんですか。知りませんでした。本当に詳しいですね、千石さん」
「ハハ、まあね」
ちょっと見直したぞ!

ここでキーワード「もんじゃ焼き」発動!
「ところで、千石さんはもんじゃ焼きが好物って聞いたんですけど」
「あ、南に聞いたね?」
「いえ、亜久津さんです」
「えっ?亜久津が教えてくれたの?」
千石が驚いてます。
「珍しい事もあるなぁ」
「亜久津さん、親切ですよ」
主人公の方が亜久津より上手ですから(*^^*)
もんじゃ焼きは、ハガシ(小さいコテ)で鉄板に押し付けてくっついてきたのを食べるらしい。
あれに乗せて食べるのかと思っていたので、いい事を教えてもらったと言う主人公。
「それじゃ、今度一緒に食べに行かない?おいしいお店、知ってるんだ」
千石ったら!(*^^*)
「そうですね。無事に救助されたらその時は行きましょう」
「うんうん」
珍しく誘いに乗る主人公でした。

19時30分。炊事場にて。
手相を見てあげるから手を出してと言われました。
「うん、いい手だね。ちっさくて可愛いし、指もまるで白魚の様だよ」
歯の浮くようなセリフです。
「あはは。手じゃなくて手相を見てくれるんじゃなかったんですか?」
「あ、ああ。そうそう。手相だったよね」
「忘れないでくださいよ〜」
「ゴメンゴメン……手強いな……」
ボソッとつぶやく千石が(笑)。
というわけで、手相を見てもらいます。
「すごいよ!キミの手相、すごくいい手相だよ」
何ですと!?
「うん!生命線は長いし、運命線は真っ直ぐ伸びてる。頭脳線は……ちょっとアレだけど、感情線も豊かだし、結婚線もハッピーだよ」
頭脳線のアレっていうのが気になるぞ!?Σ( ̄ロ ̄lll)
何万人に一人の素晴らしい手相だと言われました。
「うわあ、すごいですね」
「いや、キミの手相だからそんな他人事みたいに感心されても」
確かに(^_^;)。

「ついでに言うと、その手相は俺の手相と相性がいいんだよ」

千石〜〜〜!!\(>▽<)/
「うん。ほら、キミの手と俺の手を合わせて……」
千石!何をするつもり!?
「手のシワとシワを合わせてしあわせ……ってね」
こんなCMあったよね。懐かしいなぁ・・・。
「あはは。でも、フシとフシも合わせてるから、ふしあわせでもありますよ」
主人公!!Σ( ̄ロ ̄lll)
「……キミ、うまい事言うね。あんまり嬉しくないけど」
「あはは、すいません。……あれ?いつの間にか糸が……」
主人公の小指に赤い糸が巻きついている絵が出てきたよ。
「引っ張ってごらん」
まさか・・・。

「ほら、俺の小指と繋がってる。運命の赤い糸だよ」

千石!何て小細工を!!(≧∇≦)

「すごーい!千石さん、手品も出来るんですね」

主人公!何かずれてるよ!?Σ( ̄ロ ̄lll)
「あ〜……そういう感心のされ方か……ま、いっか」
どうやら当てが外れたようです。主人公は手強いぞ!

20時。管理小屋にて。
「千石さん、何見てるんですか?」
「え?ああ、これ?ラピスラズリだよ。俺の誕生石なんだ」
・・・あれ?千石の誕生日は11月だよね?トパーズではないの?
ラピスラズリは12月の誕生石みたいだけど・・・。
「あ、幸運の石ですね」
「へぇ、知ってるんだ」
「そりゃ、有名ですから」
「この石は、俺に色々な幸運を運んでくれるんだよ」
「効果あるんですね」
「もちろん。たった今だってその効果が発揮されたよ」
「え?何がですか?」
「キミみたいに可愛い子とこうやっておしゃべりが出来てるじゃないか。これはラッキーだよ」
またまたこの人は!(*^^*)
「あはは」
あっさり流す主人公(笑)。
「……笑うトコじゃないんだけどなぁ。ま、いいか」

20時30分。南と会話。
「ん?○○(主人公)か。最近千石と仲がいいみたいだな」
バレてます(*^^*)
「アイツ、女の子に節操がないから気を付けた方がいいぞ」
う、確かに・・・。
「あはは、大丈夫ですよ」
「ま、余計な心配か。千石はあれでも、合宿とかの時は結構真面目に練習してるしな。Jr.選抜の時も、腕を上げて帰ってきたし」
キーワード「千石:Jr.選抜」をGET!
Jr.選抜は全国の有望な二年以下の選手を集めて強化する合宿で、千石はそれに選ばれたと言う南。
「千石さんって全国的なプレイヤーなんですね」
「……俺だってそうだぞ」
南!\(>▽<)/
「あはは、わかってますよ」

夜。隠しイベント肝試し発生。


2008/2/4

次へ >>

ドキサバトップへ戻る